No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

No. 41 (Fri)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 30

こんな日に限って

どうしても時間がとれず、
今日は夕方の現場にいけませんでした。

そうこんな時に限って
現場では(私に)「確認したいこと」が
あったのだそうです。

2階の洗面所には最低限の窓しかつけてありません。
ちょうど東に位置するのですが、
どうやら壁がつくられると
暗くなってしまいそうです。

自分で作った家の模型を穴があくほど
見つめながら考えました。

洗面所の上に位置するロフトには
小さいけれど窓がついていて
それなりに明かりは取れるようになっています。

その明かりを下の洗面所にとりいれられるかも。

考えたのは
洗面所の天井の一部にスリットをいれて
ロフトの明かりをとりいれたい、ということでした。

そのスリットについて
どこにどの大きさをとるか、が
今日の確認事項だったそうなのです。

明日は玄関ドアの色、
ベランダの手すりの色
個室の床の色、
洗面所の天井のスリットのこと
を決めなくては‥。

決めることが毎日波のように押し寄せてきます。


今日の記事とは関係ありませんが、
鎌倉のロミ・ユニ・コンフィチュールという
いがらしろみさんがやっているジャム屋さんで
エアコンがこんな風に設置してありました。
写真をとってもいいですか?と聞くと
お店の外からなら、というお返事。
ちょっと見づらいですが、
どなたかエアコン周りを考えていらっしゃる方のご参考まで。
うちはここまで凝れません(笑)


20060607130507.jpg


外観もとても雰囲気あります。
20060607130516.jpg

スポンサーサイト
家作り // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 38 (Thu)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 29

現在進行中

工事が進むにつれ、
後戻りできなくなってきました。

というのはやり直しをしたいということでなくて
決めたことがしっかり現実になっていくということです。

空想の世界では
頭の中にいろ~んな「我が家」が作れます。

当たり前だけど選べるのはひとつだけ、
間取りから始まり、キッチン、お風呂、はきだしの窓の形、
床材、電気の配線、トイレの仕様、洗面台、水栓、
無限にある選択肢からたったひとつだけを
採用するのです。

これがかなりつらい作業。
現実の世界と空想の世界は違います。

設計段階では、お風呂の広さをもう少しせまくすれば
他の部分の使い方の幅が広がる,
なんて思いましたが、
コアハウズの大木さんの勧めで
小さな家だけど、お風呂の大きさは確保してありました。

今は、もっと大きくてもよかったくらい、と思ってます。
やはり生活の場ですからね。

毎日、たくさんの人が我が家のために働いています。

携わっているかたがたの顔をみながら
自分達が住むおうちを建てることができるなんて
本当にありがたいことだと思います。

設計と現場の管理をする人、大工さん、
基礎屋さん、水道工事屋さん、電気屋さん、
左官屋さん、などなど
いまはみなさんの顔と名前がわかります。

幸運な出会いが重なって、おうちができていきます。


今日の現場

2階天井全体に断熱材がはられました。
ほかで使うものの倍の厚みがあるそうです。
屋根は目玉焼きが焼けるくらい
熱くなるのです。
ロフトが暑いわけです‥。

20070219185641.jpg

家作り // コメント(8) // トラックバック(0) // Top

No. 40 (Wed)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 28

テーブルの行方

昨日タロウさんと話したアンティークテーブルについてです。

約束したように朝8時半すぎに、
タロウさんのご自宅にお邪魔しました。
想像していましたが、
やはり、すっっごく素敵でした。
どのコーナーをみてもしつらえがすばらしく
夢心地になってしまいました。

肝心のテーブルですが、
今回みせていただいたものは
重厚な雰囲気をもつとってもすばらしいものでした。

だけど、残念なことに、
重厚な雰囲気はわたし達には似合わないかな
と思って、見せていただいたテーブルは
我が家の次期テーブルにはなりませんでした。

夕方にはタロウさんが
忙しい中、我が家によって下さって
大きなテーブルをじかに査定してくださいました。

ご縁がなければ次のテーブルも見つからないかもしれないし
ずっとこの大きなテーブルと
付き合っていくことになるかもしれません。

だれにもわからないことだけど、
きっと一番よい選択ができると信じてます。
今日は半歩進んだということで
あとは出会いを待つだけとなりました。

仕事が休みだったということもあり
コーヒーを頂きながら1時間ほど滞在したあと
タロウさんのお宅を後にして
まっすぐ現場へ。

炭をまだ床下にいれてなかったので
その作業をしました。
袋の口をひとつずつ
糸でとじて、炭袋を完成させました。
数えて作ったはずなのに、
主寝室の床下に全部の炭袋をいれてしまいました。

子供部屋の下のにいれる袋がなくなってしまって
急遽、別の生地を用意して
ほそながーいほぼ部屋の長さの袋を二つ作りました。
2箱残っていた炭をそこに流し込み、
子供部屋の床下に敷いてもらうことになりました。

結局、現場から息子を迎えに行き、
また戻ってきて
丸一日現場におりました。

くたくたです。

力仕事をしている大工さんたちは
もっとくたくただと思います。

体力つけないとな‥。

主寝室の床下です。
けっこうまばらにみえますね‥。
炭を袋にいれて等間隔においていきました。


sumiire.jpg

お気に入りのモノ // コメント(4) // トラックバック(0) // Top

No. 39 (Tue)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 27

縁は奇なり

午後の現場見学の帰りに、
アンティークショップのTAROH'S HOUSEによりました。
目的はお店のウィンドウに飾られているステンドグラスです。

5年以上も前の話です。
いつか一枚気に入ったステンドグラスがほしい。
と思っていました。だけどどれをみても
これ!というものにはなかなか出会えませんでした。
お花が一輪だけのデザインもかわいいけど、
もうひとつ寂しい。
幾何学模様みたいなのも、悪くないけど、
お金を出して買いたいものではない。

ところがここにきて
まさに理想的なステンドグラスに出会うことができたのです。

1920年代に作られたというそれは
デザインがめちゃめちゃわたし好み。
しかもガラスはすべて当時のもので新しく直した部分がない。

お店の主人のタロウさんに(上品な奥様です)
玄関ドアを作るのに、あのステンドグラスをいれたい、
とお話をしました。
(工務店の方を通じて建具さんに作っていただくことは
決まっていたのですが、それを話す隙はありませんでした)
タロウさんはドアをつくってくれる方に2人心当たりがある、といい
一人は近くの建具屋さん。
もうひとりはなんと、自由が丘のラズブーさん、
とのたまいました。

ラズブーさんときいてわかる方は雅姫さんファンか、
ちはるさんファン、もしくは生粋のアンティークファンでしょう。

驚きました。わたしが舞い上がっている横で
ラズブーさんに携帯電話をかけたのです。
「お客さんで玄関ドアを作りたいという人がいるんだけど、
ラズブーさん、作っていただけますか?」と

結果は、残念なことにNOでした。
理由はラズブーさんは玄関ドアは作っていないそうなのです。
どうしても反りがでてしまうので
しっかりとした建具屋さんに作ってもらうのが最善ということ。
室内のドアならいつでもお作りします。ということ。

こんな場所からラズブーさんにつながるとは!
それだけでもなんだかエキサイティングな時間でした。

もうひとつはテーブルについて。
たまたま昨日タロウさんは
ある方からテーブルについてご相談を受けていたそうです。
10人くらいが囲める大きなアンティークテーブルをさがしているとのこと。
探していてもなかなかみつからない、ということ。

タロウさんはわたしが前に一度だけうかがったときに
話していた我が家の180㎝あるアンティークパインの
テーブルのことを思い出したそうです。

そこへ翌日の今日、わたしがふらりとお店にうかがったのです。
もしよかったらそのテーブルを売る気はありませんか?
と聞かれ、「かわりがみつかれば、売ることはできます」
と答えました。

次のテーブルは150センチくらいのものがほしい、と話すと、
うちにちょうどそのくらいのがあるから
明日にでも見に来てください。とトントン拍子です。

明日朝ご自宅に見に行ってきます。
どんなテーブルに出会えるか、とてもわくわくします。

ところでそのステンドグラスですが、
タロウさんのご好意でお借りしてきてしまいました。
写真をとって旦那に見せたい、というと
写真よりも実物がいいでしょう、とおっしゃるのです。
わたしの連絡先も聞かないで、大切な商品を貸してくださるなんて
ほんとうになんという心の広さ。

お言葉に甘えてお借りして、
もう一度現場に戻りました。
玄関ドアにはめた様子を想像して、
新しい家への愛着をまた深める一日になりました。

現場の方にステンドグラスを持っていただきました。
光が通ると本当にきれいです。

20070219185907.jpg


今日の現場

ロフトの天井から断熱材をはりはじめていました。
窓がついていてもロフトはすっっごく暑いそうです。
おつかれさまです‥‥。

20070219185921.jpg

お気に入りのモノ // コメント(4) // トラックバック(0) // Top

No. 37 (Mon)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 26

大迷惑

いつものように息子を迎えにいった帰りに現場によりました。
うちは隣の空き地を工事車両の駐車場に使わせていただいています。

そこが雨でぬかるんでいるときは、気をつけろ!ということを
とっても甘く考えていました。

タイヤの溝が泥で埋まり、まるでシナモンドーナツ。
フレンチクルーラーのようなキャタピラなら
きっと大丈夫だったのに。

後輪駆動のマイカーがどんどん横に滑ってゆきます。
これ以上うごかすと、車がとなりの畑に落ちちゃいそう。
JAFよんだほうがよいかなあ、
晴れるまでこのままここに車をおいていこうか、
などといろんなことを考えていました。

現場にいた水道屋さんと電気屋さん、大工さんが
コンパネをタイヤにかませてくれたり
スコップでほってくれたり、

なんとか脱出できました。

怖かった‥。
狭い道でも車の幅以上の道なら
どこでも入ってゆける自信があるけど、
ぬかるんだ斜面だけは、もうこりごりです。
凍結してるのと同じだもの。

というわけで
無事に現場見学ができたけど、
休憩している職人さんたちの横で
とても悠長に写真なんてとれない空気が漂ってました。

現場ではできるだけ邪魔にならないように
と気を使っているつもりですが、
今日はまさに仕事の邪魔をしにいったようなものでした。
おおいに反省しました。

今日の現場

①2階ベランダのひさしがついていました
②ベランダのはきだしのサッシがついていました。
③食洗機のための配管の場所を変更してもらいました。
あとはちょっとわかりませんでした。



アパートの前の鉢植えのクローバーが増えてきました。

clover.jpg

未分類 // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 36 (Sun)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 25

ミーレ食洗機

昨日から家族3人で友人の結婚式に出席するために
名古屋に行ってました。

新郎は私達の結婚式で司会をしてくださった方です。
結婚式であんなにはしゃいでうれしそうな新郎を見たのは初めて。
幸せのおすそ分けをいただいて、帰ってきました。

名古屋までは自宅から車で4時間くらい。
昨日宿泊地のホテルに向かう車中で旦那が
「明日、ついで渋谷にあるミーレのショールーム見に行く?」
と聞いてきました。
もちろん渋谷は名古屋から逗子の自宅にもどる途中にはありません。
「ついで」ということばには驚きました‥。
旦那が「ミーレ食洗機」について
いつの間にか私よりも詳しくなっていました。
かなり本気で食洗機について考えてくれてるんだなあ、
とうれしく思っていたし、
直営のショールームならきっと
機種選びに大いに参考になると思って快諾しました。


いろんな手違いがかさなり当日の朝方まで
自分が着るワンピースとショールを作っていた私は
眠くて、あまり頭が回っていませんでした。
披露宴の後も2次会で寝たのは2時ごろでしたから
チェックアウトして帰路についても
気づくと、浜名湖サービスエリア、
次にはたと気づくと渋谷についていたので
私にとっては「ついでに」という言葉は
うそではありませんでした。

でショールームですが、
行ってみてよかったです。

案内してくださった男性は50代くらいで
とってもいい感じです。
お話も上手で、楽しく説明を聞くことができました。

ミーレの食洗機のよさは
まず音の静かさ。耳をすましてやっと聞こえるくらいです。
次にカトラリートレイ。一番上に薄い引き出しがついていて
おはしやスプーンなどを横にして並べることができます。
あとはトップソロ機能。引き出しの上半分だけを洗うことができます。

この3点が私が「いいなあ」と思ったところです。

最有力候補は45センチ幅のトップソロ機能つきのもの。
トップソロ機能がついていない60㎝幅のものと
お値段は同じくらいです。

60㎝でトップソロ機能がついたものが
一番いろんな使い方ができるのでしょうが
なにせお値段が違います。
その機種には同時に、
繊細なクリスタルガラスまで洗える機能がついてきます。
我が家は頑丈なデュラレックスのグラスをつかっているので
どうやら無駄な機能のように思えてきます。

朝食の食器を晩御飯の食器と一緒に
一度に洗ったほうが
経済的かな、と思うので
60㎝幅のものがまだ選択肢から消えません。

しばらく悩んでみようと思います。

息子が「まだあ?」と暇をもてあますかとおもいきや
ちゃんとプレイスペースがありました。
写真を撮ったのですが、前日の結婚式用にデジカメを
設定していたのでアップロードできませんでした。(TT)

20070219190105.jpg

家作り // コメント(4) // トラックバック(0) // Top

No. 34 (Thu)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 22

帰り道

雨が降りそうだったけど
なんとか持ちこたえました。

日々の雑用に追われて、
毎日が怒涛の忙しさです。
子どもの時間、仕事の時間、家事の時間と
こまぎれにだけどやるべき時間は固定されてて、
それにあわせてスケジュールが組まれていきます。
ていうか、今の私の忙しさは
朝と夕方2回の現場通いのせい!?といううわさ。

今日は夕方に息子が服用してる薬をもらいに
車で30分くらいのところにある病院まで
往復したので時間がとられました。
診察と会計、薬を受け取って病院をでるまで
いつも2時間はかかります。
具合が悪いわけでなくても疲れます。

病院帰りの息子の楽しみは
海側を通って江ノ電をみること。

ふたりでカールを食べながらドライブしてると
なんという偶然。
前2両がカールのラッピング江ノ電が通りました。

こんなことでも楽しい気持ちになって
つかれていてもまだまだいける、と思いました。

カールおじさんが撮れずに残念。
よくTVにも使われる鎌倉高校前駅です。

20070219190332.jpg


今日の現場

玄関の枠を作っているところです。
雰囲気でてきました。
こういうところがさすがだなあ。
玄関は建具屋さんに作ってもらうことになってます。
どんな色にしようか、また悩みそうです。

20070219190342.jpg


昨日現場で打ち合わせをした
2階のベランダの足元の部分ができました。
モルタルを塗って、この上にウッドデッキのように
風通しのよい手すりを作って頂く予定。

20070219190311.jpg


大工さんでない方が2人、
梁を丁寧に磨いてました。
プレカットの会社の方だそうです。
地味な作業をまじめにされてます。

migaku.jpg


薪ストーブをおきたい場所の天井に
煙突が一部とりつけられました。
が、はたして薪ストーブはつくでしょうか‥。
いまだ未定です。

20070219190322.jpg

お気に入りの風景 // コメント(4) // トラックバック(0) // Top

No. 33 (Wed)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 21

お風呂

今日はお風呂が設置されていました。
とてもうれしい。
息子はとても気に入って
浴槽に入ったり出たりしながら
ここ僕の部屋になるね、と
意味不明のことを口ばしってました(笑)

今朝までお風呂の入るところは
ずどーんとあいていて
下の部屋から見るとまるで吹き抜け状態だったので
すごい変化です。

お風呂に関しては、
家作りをスタートした最初は
タイル張りがいいなあ、と漠然と思っていました。

だけど2階にお風呂を配置することになり
工務店の方からもすすめられてシステムバスにすることに。

それもたまたま
ナショナルのi-uシリーズが発売されるということで
すごーく気になったのですが
結局コストの面で最終的には
ノーリツのに決定しました。

i-uシリーズになぜに私が反応したかというと
デザイナーの深澤直人さんが
監修したものだからです。

以前は「無印良品」の家電のデザイン
今は「±0」のデザイナーとしても有名な方です。
シンプルで無駄を省き
使いやすさを追求したデザインをする方です。

システムバスのデザインで私が
舞い上がった気持ちになるなんて
思っても見ませんでした。
さすが、今をときめく人のデザインでした。

ただ、すごく素敵!と思うのはすっごく高いです。
ナショナルは割引率もノーリツと比べて高くないので
我が家の予算からして、
ここは妥協すべきところということはいわずもがな。

シンプルで白くて無駄なものがついていなければよい。

となりました。
それでも新しいおふろってうれしいです。
ということは、選択は間違っていないということ。
これが、気になってしょうがないなら、
やはりi-uを無理して入れるべきだったということです。

大きい買い物のなかで
優先順位をまちがえないように
ひとつひとつ決定していくのが
本当に大事なことだと思います。


今日の現場

お風呂に座ると外がみれるように
低い位置に窓をつけてあります。
方向的には富士山がみえるはずですが、
天候の関係で見える日はすごくかぎられています。

ofuro.jpg


枯れたと思っていた直径ほんの1㎝くらいの
四つ葉のクローバーがまた咲き?ました。
朝から得したきぶんでした。

20070219190727.jpg

家作り // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 32 (Tue)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 20

食について

こちらに越してきてから、
取れたての魚や野菜が手に入りやすくなりました。
そのおかげだと信じているのですが
体調をくずすことが以前よりも減りました。

週に一度ほど鎌倉の野菜を売っている市場に行きます。
そこは冬にトマトやきゅうりは売っていないし、
夏に白菜は売っていません。
通っているとにんじんにだって旬があることがわかります。

スーパーに慣れていると、
なんて品ぞろえが悪い、となってしまいますが、
それが本来の自然な姿なのです。

その季節のものを食べることで
その季節に体が必要としている栄養を取る。
ということが簡単に実行できます。

なにより新鮮でおいしい。
スーパーではちょっと見慣れない
変わった野菜を試せるのも魅力です。

もうひとつおまけは
生産者を選ぶとよいことがあります。
(生産者は4日に一回の周期で出店します。)

あるお店は野菜をおまけしてくれるし
違うお店は精算のときに驚くほど安い。
そういう生産者のお店はお昼ごろまでには
品薄になるほど人気です。

これからの季節は夏野菜のラタテュイユなんて
大好きなんだけど、旦那と息子が食べてくれない‥。

さみしいけどすこーしだけつくろうかな。


今日の現場
いろんな配線が張り巡らされています。

20070219191046.jpg



思うこと // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 31 (Mon)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 19

現場は順調に進んでいます。
昨日家族で見に行くと、
2階とロフトのサッシが取り付けられていました。

2階の展望窓は横長の引き違いですが、
今は養生シートが窓の外にあるので景色が
うまく見えません。
その窓のすぐ隣には家は建ちそうにないので
きっとこの景色はずっと楽しめるはず。

そう思うと、ながーい横長の窓にして良かった、と
設計段階での「マリッジブルー」に近い感覚の
あの苦悩が吹き飛びました。

だけど、2点、あ!と思ったところが。

まず階段についている窓。
上から階段を2~3段下がったところに
部屋の中の窓と高さをあわせて
外滑りの窓を付けました。
これが私には高すぎて開け閉めが大変かも。
しかも外すべりなので、あけすぎると
次は閉めるのがもっと大変になってしまいます。

この窓は一階のホール部分の明りとりの役割があるので
フィックス窓でもよかったかも知れません。
すぐ隣にはリビングの上げ下げ窓があるので
「開く」ことにこだわらなくてもよかったかも。

まあ、これは旦那がいれば開けられるし、
位置が気になるわけでないので、
特に問題ではないか‥‥。

問題は台所の窓。
ちゃんと現場で打ち合わせて
高さを決めはずなのに、
高すぎました。

窓って自分の腕の付け根くらいの
高さからついていると開放感があるのですが、
首より上になると
とたんに圧迫感が出てきてしまいます。
打ち合わせでは、この高さでいいですかといわれ
はいその高さで大丈夫です、と確認していました。
それなのに、です。

もうやり直しはきかないかなあ、
無理かなあ‥‥。

今日はこれから現場で
水道屋さん、ガス屋さんと打ち合わせがあるので
そのときに現場の方に勇気を出して聞いてみよう。

「取り付け位置を下げられますか?」

さすがの私も少し勇気がいります。



で、勇気をだして聞いてみました。
いやな顔もせず、今ならできますとのこと。

本当に、コアハウズのスタッフも大工さんも
やさしい人ばかりで、良かったです。

夕方には電気の配線、水道の配線、が進んでいました。


今日の現場
下げてもらった台所の窓です。
これですっきりしました。

家作り // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 30 (Sun)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 18

アンティークのかご

鎌倉の御成り通り商店街の貸しスペースで
年に3回ほどお店を開いている
アンティークショップがあります。
オーナーがヨーロッパをあるいて
自分で買い付けてきた商品を並べています。

最初は偶然見つけたお店だったのですが、
足を踏み入れると無機質な貸しスペースが
アンティークの存在感で満たされていて
いっぺんに気に入ってしまいました。

雰囲気のあるティーカップや雑貨などが
ところせましとディスプレイされています。

隅のほうに「かご」がいくつかあって
なかでも緑の取っ手のついたかごにすごく惹かれました。
だけど、それは「売約済み」だったのです。

売約をしたお客さんは
お店の方に直接電話をして
今回はかごが欲しいので
あるだけ取っておいてほしい、
ということを伝えてあったそうです。

お店の人の話では
緑の取っ手のついたそのかごは
まだそのお客さんが買っていくかどうかは
わからないとのことでした。

次の日も時間をみつけて
お店をのぞくと、
女性がかごを物色しています。

あの人だ!と直感しました。
となりで私が念力を送っているのが
通じたのでしょうか、
その方はそのかごだけを、
「これは、いいわ」
といって手放しました。

らっきー!!!!
お客さんがお店をあとにしたので
そそくさとゲットしました。

普段はキャビネットの上においてありますが、
市場に野菜を買いに行くときに
ぶらさげてでかけるのが、お気に入りです。


kago1.jpg

お気に入りのモノ // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 29 (Sun)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 18

イケアのキッチン

3度目のイケアです。

キッチンを決めなくてはいけません。
今日は14時半ごろ出発、16時ごろに現地到着。

行きの時間はこれまでで最短でした。
時間がないので
まっすぐキッチン売り場へ。
ここでよそ見をしていると
はまりこんでしまって
なかなか出てこれなくなります。

イケアのキッチンは
決められたモジュールのキャビネットを
自分でパソコン上で組み合わせていきます。

キャビネットを配置したら
扉の色形、取っ手、レンジフードなどをきめます。
店員さんに声をかけて
ワークトップの種類、
ワークトップの加工についてのこと
など詳細をきめて
見積もりをだしてもらいました。

発注後3週間でワークトップの加工が終わり、
コンビニかイケアの店舗で代金を払い、
その後1週間後以降で発送、だそうです。

うちのキッチンは約2.6mのI型です。
左にシンク、右にコンロを配置する形です。

キッチンプランについては
いくつかの本を読んでいました。
最近の「チルチンびと」に特集があって、
実際に使う立場からの視点で
たくさんの情報がでていたので
取り入れられる点は大いに参考になりました。

ワークトップの寸法は左から

30㎝、シンク(55㎝)、70㎝、コンロ(60㎝)、40㎝
↑            ↑           ↑
水切り         作業スペース     鍋の一時置き場  

下のキャビネットの配置は

15㎝ 80㎝、 60㎝, 60㎝  40㎝  

昨日になって気づいたのですが
80㎝のシンク用のキャビネットに
必ずしも80㎝のシンクをはめなくてもよい
ということ。大発見でした。

なぜならシンクの大きさをどうするかが、
問題だったのです。

シンクを大きくすると
水切りスペースと作業スペースが小さくなります。
大きいシンクの隅に水切りを置くこともできますが
どうも使いにくそうです。

洗い物をするときに
大きいシンクで水切りがないのがいいか
小さいシンクで水切りが置けるのがいいか
の2者択一となりました。

軍配は小さいシンクに上がり
水切りスペースと作業スペースを確保しました。
ちなみに食洗機をつけません。

イケアには60~70㎝のシンクがなく、
まだまだ改良の余地のある品そろえです。

今日は最大の目的を果たして満足です。

おまけに帰りには、木場に住む兄夫婦の家に
ご飯を食べに寄ることになっています。

18時半には出るから、
といいつつ
イケアを後にしたのは20時前。

周辺道路の込み方がすごかったのです。
3回きて3回とも違う道で
国道にでることになったのですが、
今日は大失敗。

ぐるっと裏道を大回りして
再びイケアの目の前の国道に出るまでに
45分かかりました。

帰りは国道に一番近い出口から出て、
一刻も早く国道にのってください。
裏道のほうがはやい、ってことは
決してありません。

木場の兄夫婦宅についたのは9時をまわっていました。
手巻き寿司をいただいて
あわただしく帰ってきました。

明日の用事がなければお泊りしたかった‥。








家作り // コメント(4) // トラックバック(0) // Top

No. 27 (Fri)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 16

床下に炭

床下に炭を敷くと
湿度の調節や断熱に効果があるときいて
是非、やってみたいと思っていました。

着工前にホームセンターで炭を見つけ、
どの位の量がいるんだろう?と
見当がつかず、結局買わずに帰ってきました。

と、気づくとそろそろ炭いれなくては、
という段階に来ていました。

工務店の大木さんが床下用の炭は、みなさんネットで
仕入れているという情報を教えてくださいました。

だけどネットで見るのは結構高いのです。
床下に隙間なく敷いていく感じです。

旦那さんと相談して、
今日ホームセンターで
BBQ用のでない、普通の炭を買ってくることに。

BBQのものは「着火しやすく」できています。
これは困る、絶対に。

結局ホームセンターで
1箱6キロ入りの炭を11箱、
店頭に並んでいるだけ
全部買い占めてきました。

エレベーターで同乗したひとに、
なにに使うんですか?ときかれるほど
カートが炭で山のようになりました。
女がひとりでこんな量の炭を
買っているのはやはり、
目立っていたようです。

園芸用品の売り場で
細かい目のネットを5mゲット。
これは、炭を直接床におかずに、
ネットを袋状にして炭をいれ、
床においていこうと思ったからです。

子供がゲームをやっている間に
急ピッチでミシンをかけ、
36枚の袋が完成。
われながら、こういう作業は
雑だけど早いです。

炭は細かくフレーク状に砕いたほうが
どうやら表面積が増えて
効果が高くなるようなので、
袋に入れてから
かなづちでたたくことに。

だけど、
袋の上からたたくと、
袋が破れました‥‥。

大工さんが、
「そんなに急がなくても大丈夫だよ」と
おっしゃってくれたので
時間も時間なので引き返しました。

また出直して
炭をくだいてから
袋につめようと、
思いました。

なんだか毎日がこんな風に
どたばたと過ぎていきます。


今日の現場

結局、炭を砕くのを断念しました。
そのまま袋につめて、あとは床下においてもらいます。

sumi.jpg


サッシの取り付けがはじまりました。
今日は大工さんは1人で作業されてました。
朝いちばんなら、大きいサッシも取り付けられるとのこと。
夕方にはさすがにつかれてて、無理だそうです。
大工さんは体力仕事です。
20070219191648.jpg


雨上がりなので江ノ島がよくみえました。
(ズームで撮影してあります)

20070219191752.jpg

家作り // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 28 (Thu)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 15

感謝

現場の大工さんたちが
がんばってお仕事をしてくださっているおかげで
我が家はどんどん、「家」らしくなってきています。

大工さんたちも
このブログを見ているらしいのです。
お恥ずかしい‥。

毎日、本当にありがとうございます。

現場の作業中は
ピリッとした空気が漂っています。
真剣に丁寧に作ってくださっているんだなあ、
と感じることができます。

私は、ぼ毎日息子の学校の送り迎えに合わせて
2回現場に足を運んでいます。

毎回、新しい発見があって
本当に楽しいものです。
極力お仕事の邪魔にならないように
しているつもりですが
本当のところは
邪魔だと思います‥。
いつもすみません。

現場ではまだ細かく決まっていない箇所をながめて、
頭の中でいろんなイメージを膨らませています。

・ベランダをどういう仕上がりにしようか
・玄関をどういう感じにしたらいいんだろう
とボケーっとみてるようにみえても
頭のなかは右脳をフルに活用してます。

これからも多分毎日のように足を運ぶつもりです。
完成までどうかよろしくお願いいたします。


今日の現場

我が家は北西にビューポイントがあります。
むかって右の北側に横長の引き違い窓、
西にそれに並ぶ位置にフィックス窓、
西にはベランダにつながるはきだし窓もあります。
そのため南は最小限の窓を壁の上の方につけました。
壁がなくなるのは、
部屋としては使いにくそうなので、
最後まで悩みましたがきめました。

風水では南と北の窓の大きさのバランスが悪い
ということになりますが、
もうこうなったら気にしません。

(養生シートと雨で今日は海はみえません)
20070219191952.jpg


お風呂も展望優先の窓です。
湯船に座って外の景色が眺められるように
低い位置に付けてもらいます。
まっすぐみると、山の稜線がみられます。
むかって右のほうで湯船にすわると
海が見える、はず、です。
20070219191940.jpg


例の暖炉の煙突がのびる位置がこんな風になってました。


20070219191933.jpg

家作り // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 26 (Tue)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 13

家に望むこと

たんたんと現場の実況中継をしていますが
いったい自分達がどんな家を建てようとしているのか、
についてはあまり触れていませんでした。

いざ設計をはじめると、
可能性が無限大にあるので
常に「これでいいのだろうか」と
いう思いが出てきてしまいます。

前にご紹介した図書館のmさんも
同じことをおっしゃってました。

「あれこれ迷って決めたわけだから
一番いい選択をしてるのよ」
といわれ、それから私もそう思うようになりました。

家作りは選択の積み重ねです。
イメージはあっても
すべてをひとつずつ決めていくので
本当に手間はかかります。

その作業を余計に大変にしている理由は何を隠そう、
うちは超がつく勢いのローコスト住宅を
作るつもりなのです。

もちろん家のベースとなる部分では
しっかり作ってもらいます。

そうなると、
室内の壁は自分達で塗る。
贅沢な設備はつけない。
室内ドアだって今すぐ必要でなければ
つけないでいい。
と、こんな具合に常に「お金」と
相談しながらの選択をしているわけなのです。

予算がしっかりある人とは
全然違う家の作り方だと思います。

家にたくさんお金はかけられないけど
家族が健やかに安心して住める丈夫な家がほしい
ということです。

そんななかで
旦那が家に望んだことはただひとつ
「暖炉をつけたい」でした。

オール電化もはやっていますが、
家中のエネルギーを電気に頼るのは
どうもしっくり行かない私達です。

もちろん床暖房はありません。

暖炉の雰囲気が似合う家になったらいいなあ、
とイメージがどんどんふくらんでいって
「暖炉のある家」に住めるかも、
という思いが日に日につのっていくのでありました。


今日の現場

1階の床から1mくらいの高さまで
防腐、防シロアリの薬品を塗っていました。
オレンジ色になっているのが塗り終わった部分です。

20070219192149.jpg


1階の玄関横の部屋の小窓が並ぶ位置に枠がとってありました。
中央の柱の真ん中の高さに2つ窓を並べます。


2階の床がすかすかじゃなくなりました。
20070219192249.jpg

こだわり // コメント(6) // トラックバック(0) // Top

No. 25 (Mon)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 12

洗濯について

今日はどんどんお天気が良くなって、
外出中も、「洗濯物外に干してきて良かった~」
読みがあたって喜んでました。

主婦にとって洗濯物は毎日の大切な家事です。
だけど、新米主婦だったころは
洗濯が私の一番苦手な家事でした。
もしかしたら、今もそうかもしれません。

しなくてはいけないことは、
少しでも楽しくできるように、
工夫すればいい。

結婚して約10年ですが、
最近、そう思います。

洗濯に関しては

粉石けんを使うこと。
100%はできませんが、合成洗剤でなくて
せっけんをつかうときは良いことをしている気がして
いい気分になります。
熱湯で石鹸をねりねりしてるのも楽しい。

気に入ったデザインの洗濯かごを使うこと。
最近買ったプラスチック製で短い取っ手のついた
白い大きなバケツ型のものは
3人家族の洗濯物の量にちょうど良く
洗濯機から洗濯物をとりだすときに
気持ちがちがいます。

洗濯物の色を意識して干すこと
インテリア雑誌のように白~茶で家族の服が
おさまっているわけでないので
その日によって
白~青~黒とか
白~グレー~黒~茶~赤
とかいう感じで干します。
うまくできると干し終わったあとと、
帰宅したときの気持ちが違います。

赤やピンクの服が圧倒的に少ないので
かなり寒色よりです。

苦手だった家事がたのしくなれば

→子供にやさしくできる
→夕食づくりもはかどる
→おいしいご飯を食べてみんな満足
とまあ、うまくいけば、の話ですが。

新しい家で楽しみにしているのは
洗濯のとりこみについて。
通販生活で扱っている
フォッパペデレッティ社の物干しを使って
ベランダに干してある洗濯物を
物干しごとがらがらと取り込んで
そのまま洗面所横の収納部屋へ。
取り込む、たたむ、片付けるを
さささっと済ませられるようになったらいいなあ、
と日夜その夢がかなったイメージをわかして
楽しんでます。

物選びにおいては信頼を置いている
料理研究科の平松洋子さんも
愛用しているときいて
ますます我が家の次期物干しはこれ!
と念じています。


今日の現場

今日も3人の大工さんとコアハウズのスタッフの方が作業してました。
1階の根太がおわり、2階にとりかかってました。
はしごで2階にあがると
根太の作業なので床がすかすかでさすがの
私もどこかをつかまないと歩くのが怖かったです。

キッチン位置からリビングをみた写真です。

20070219192716.jpg


おまけ

どうもこの木が気になってしょうがありません
見るたびに「あっち!」といわれてるように思います。

20070219192652.jpg

思うこと // コメント(4) // トラックバック(0) // Top

No. 24 (Sun)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 11

昨日は現場へ旦那の両親を案内しました。
実際に現場をみたことで
安心してくれたようで、ほっとしました。

昨日は窓の位置について
ひとつひとつ現場で確認しました。

窓の位置は
①室内でのその窓の役割
②隣家からの視線との関係
③外から見た場合のデザイン
の3点を考えながら決めていきました。

プランニングのはじめでは
室内からみて「こんな窓が欲しい」
とあちこち窓をつけていました。
いざ図面があがってくると
愕然!としました。

なんともとりとめのない窓が
あちこちに配置されてしまい
あ~~れ~~、とうなりました。

こんなのいやだ~!とだだをこねていました。
もちろん、苦心の末なんとか
まとまりましたが‥。

窓は外からみた配置も大事と思います。


昨日の現場

床の土台の土台がしかれていました。
器具をつかって高さを固定し、
さらに基礎コンクリートとも接着材のようなもので
固定されていました。


20070219193118.jpg


今日の現場

昨日の土台の上に根太が敷かれていました。
この上にもう一枚、実際の床の部分がくるのかな?

neda.jpg



まだ階段はありません。
むすこ(2年生)やや高所恐怖症です。
なんとか無事に降りていきました。

20070219192917.jpg


おまけ

こんなところにロボットが‥‥
葉山ガーデンの前にいました。


robotto.jpg

家作り // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 23 (Sat)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 10

長谷寺のあじさい

旦那の両親と夕方長谷寺へいきました。
先日テレビ番組でやっていたからでしょうか、
かなり込んでました。

鎌倉のあじさいといってまず思い浮かぶのは
北鎌倉の明月院ですが、
こちらのあじさいは青色のあじさいばかりです。

今回はちょっと違うお寺へ、
ということで家からも少し近くなる
大仏近くの長谷寺へ行くことに。

長谷寺はいろんな種類のあじさいがあって
変化にとんでいました。


こんな行列です
20060610223743.jpg


アナベル
anaberu.jpg


ベニガク
benigaku.jpg


セキカ
sekika.jpg


ブルースカイ
20060610223813.jpg


ヒメアジサイ
himeajisai.jpg


クロヒメ
kurohime.jpg


山アジサイ‥クロヒメと見分けがつきにくいけど、今日一番気に入ったアジサイです。
20060610223927.jpg

お気に入りの風景 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 22 (Fri)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 09

かたつむり

仕事を終えて帰ろうとすると
駐車場のすみの緑にかたつむりを見つけました。
殻のぐるぐるが直径3㎝ほどで
胴体をなが~くのばして枝にはりついていました。

今日から梅雨にはいったということですが
かたつむりが似合う季節だなあ、と思います。

上棟式が平日だったのでこれなかった
旦那の両親が土日をつかって
家の様子を見に来ます。

葉山の現場を見て、
お昼は葉山にある若菜というおそば屋さんでもいこうか、とか。
義母はお花が好きなので
今年は長谷寺につれていってあげようか、
夜は逗子の小坪の市場で魚を買ってきて刺身三昧か

などなどいろいろ構想は練っていますが
結局どこまで実行できるかは、
わかりません。

明日は朝7時過ぎにはうちに到着する予定。
はやっ!


denndennmusi.jpg




今日の現場

今日は筋交いと呼ばれる木を
決められた場所に設置。

四角い木の枠だけだとぐらつきますが
斜めに補強をいれるだけで安定します。

金具を使ってこれでもか!というくらい留めてありました。
20060609182834.jpg

お気に入りの風景 // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 21 (Thu)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 08

上棟しました

息子の授業参観を終えて、
現場へ向かうと、
ほぼ建物の大きさ形が現れていました。

自分でつくった模型と同じ形の家が
1分の1スケールで目の前に現れていくのが
とても不思議な感覚でした。

ずっと上を見上げる姿勢でいたので
気づくと首が痛くなります。
たまには首をぐるりと回して運動?したりして
今日の作業がおわるまであきずに見ていました。

まるでパズルのように
決められた場所に順序正しく
たくさんの材木が組まれて行く様子を
目の当たりにして
とてもすがすがしい気持ちになりました。

明日からの雨に備えて
ブルーシートをかぶせて
今日の作業は終了。

たった一日で
これだけの仕事ができるなんて
ただただ敬服します。

つづいて上棟式に移りました。
家の4隅にお米、塩、酒をまきます。

工務店の方がはじめの挨拶、
旦那が工事関係者の方たちへ挨拶、
乾杯、
とびのかしらがお祝いの歌をうたってくれて
三三七拍子でしめました。

かしらが心をこめて歌ってくれている間
私は感動して涙がでそうでしたが、
となりでは、
息子は笑いをこらえていました。

子どもにはわかんないだろうなあ、この感動は。

工事関係者の方に
記念品のお酒(石川の菊姫)
お弁当
ご祝儀をお渡しして
お開きとなりました。

みなさんが帰られた後、
2階とロフトの高さを確かめに
はしごを上り、びつくりしました。

地上からは江ノ島が見えてラッキーと思っていたのに
2階へ上ると水平線があってその端に
江ノ島がみえているではありませんか。

自分たちが
(見えたらいいだろうな)
と思っていた眺めのために
設計を練ってきていたことを
ようやくここで思い出しました。

台所の立ち位置がまさに
どんぴしゃ、一番いい風景が眺められそうです。

工務店の大木さんもすごく喜んでくださって
自分の家のようにうれしい、と
おっしゃってくださいました。

現場にいく楽しみが倍増しました。

家にもどると先日イケアで迷っていた
キッチンについての質問の回答と
見積もり2種類が届いていました。

これも早めに決めないと。


20060608220843.jpg

20060608222048.jpg

家作り // コメント(8) // トラックバック(0) // Top

No. 20 (Thu)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 08

上棟です

いよいよ上棟です。

今朝の様子はこんな感じ。
大工さん3人と鳶のかたが2人、
工務店のスタッフが2人です。

クレーン車で材木を持ち上げて
決められた位置にはめこんでゆきます。

父もこんな仕事してたんだなあ、と
なんとなく懐かしい気持ちです。

本当は1日見ていたかったのですが、
今日は依頼された仕事が残っているのと、
息子の参観日、その後の懇談会がひかえているので
後ろ髪をひかれつつも
いったん帰宅しました。

夕方に上棟式をとりおこなう予定です。

関東地方の入梅はあした、とのこと。

私のまわりでよく起こることですが
ぎりぎりセーフ!です。

これからも晴れが続いて
仕事がはかどるといいのですが、

梅雨の時期に雨が降らないのは
あとが大変なので
自分ちの都合ばかりいってられないのですね。

とにかく怪我なく
無事に家が建ちますように。


今朝の様子joutou.jpg

家作り // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 19 (Wed)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 07

明日上棟

明日が上棟のため、
今日はその準備作業が行われています。

材木がたくさん運ばれてきていました。
なんだか心臓がばくばくして、
いままでにない気持ちです。

今日はざっと7人が作業されています。
大工さんは3人、一番年配の方の立ち振る舞いをみて
とても頼もしく思いました。

リーバイスを着こなしていて、
とてもかっこいい。

若い方もとても好感がもてる仕事ぶりです。

言葉はほとんどかわしていませんが
雰囲気で伝わることもたくさんあるものです。


今朝の現場の様子

20060607130444.jpg

家作り // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 18 (Tue)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 06

住宅ローン

住宅ローンの金利は毎月変化しています。

超低金利といわれる時代はそろそろ
終わるんじゃあないかともいわれています。

うちは2006年3月の末日に土地の決済を行いました。

4月にはいるとまったく同じ条件で借りるにもかかわらず
金利が上がってしまうという情報があったために
3月中に間に合わせたかったのです。

予想通り、超長期金利については
毎月じわじわと上がっています。

3%をきる金利で35年のローンを組めたのは
ラッキーだったと思っています。

問題は、建物です。

建物ができあがるのは数ヶ月後。
金利が下げ止まり、あがっていく傾向にあったのが
今月にはいって、先月よりも下がっている変動金利があったり、
めまぐるしい動きです。

神様、どうか、建物のローンがよい条件で借りられますように‥。
祈るしかありません‥‥。

現場の様子ですが、ここ数日変化はありません。
あさっての8日(大安)にいよいよ上棟です。

写真は鎌倉の子ども服屋さん
「couprio」の前の花壇です。

かわいかったので通りがかりにパチリと。





IMG_2511.jpg

住宅ローン // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 17 (Mon)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 05

イケアデザイン

先日のイケアで5種類の照明を購入しました。

照明そのもののデザインもさることながら
パンフレットをみても、
北欧デザインらしい
センスのよさが現れています。

ファイルしておいても
ちょっと楽しくなるようなデザインです。

内容もシンプルで
文字で書いてある部分は必要最小限、
あとはイラストのみで説明してあります。

レゴブロックの説明書のように
イラストをみれば子どもでもわかります。

同じ照明器具から3冊の説明書がでてきて
あれ?と思っていたら、
たくさんの言語用に用意されたものでした。

IMG_2563.jpg

IMG_2567.jpg

IMG_2558.jpg

お気に入りのモノ // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 16 (Sun)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 04

イケア船橋

イケアに行ってきました。
今回で2度目です。

混雑をさけて平日に行きたかったのですが
6月は今日を逃すといついけるかわからない状況だったので
朝イチで現地につけるように早起きをしてでかけました。

朝7時すぎに出発し、ディズニーランドを横目に
ついたのが9時半過ぎです。

幸い通常10時開店のところ9時半からの営業で
助かりました。

今回は、キッチン、洗面台、照明を買う予定。

まずはキッチン売り場へ直行。

前回キッチンのパンフレットを
いろいろもらってきていました。

家でなんどもなんども
組み合わせを考えていましたが、
あーでもない、こーでもないと
なかなか決定できないでいました。

そろそろ決めにはいらないといけないので
今回は本気モードです。

店内ではキッチンプランナーという
パソコンソフトを使って
自分の好きなように
キャビネットを配置していきます。

イケアでは店員さんの数は非常に少なく、
できることは客が自分でする仕組みになっています。

キッチンプランナーにキッチンの広さを入力し、
次にキャビネットを選びます。

幅が15㎝、30㎝、40㎝、60㎝、80㎝のものの中から
引き出しがついているものや
シンク下用のもの
ガスレンジ用のもの
を組み合わせて、
家の図面でキッチンに当てられている長さに
おいてきます。

フルオーダーではないので
ちょっとしたことが融通がきかず
組み合わせは大変です。

うちは260㎝のI型キッチンなので
左から
30㎝の引き出し収納
60㎝のシンク用で扉が観音開きのもの
80㎝の引き出しが3段ついている収納
(ここは40㎝ふたつを並べたほうがよいかどうか迷います。)
60㎝のコンロ用のキャビネット
30㎝の引き出し収納

と並べました。

扉の色と種類は
前回下見にきたときに
だいたい決めていましたのですんなり決定。

ここで取っ手も選んで入力します。
かわいらしさをとるか
実用をとるか、
やはりここは実用です。

店員さんに声をかけて、
天板、水栓、レンジフードを選び、
大体の金額が見積もりとしてでてきました。

天板はステンレス、メラミン、人工大理石、木製
といろいろあって、人工大理石も目がとびでるくらい安いです。
私はクレンザーで磨きたいので
ステンレスにしました。

見積もりはコンロをのぞいて約30万円でした。

コンロにロジェールを使いたいという希望があり、
天板の加工について店員さんに相談しましたが
変則的なことはできないとのこと、
残念です。

工務店の方に電話で確認すると
現場施工で加工をしてくださると回答をいただき
なんとかキッチンの内容をきめることができました。

キッチン全体が決まるのに、
どれだけの時間がかかったことか。

当日いってその場できめられる人はすごいと思います。

一息つくと、店内の人がずいぶん増えてきました。

息子の「おなかすいた」
の一言で時間をみると、
すでに12時半。

ここだけで3時間も!奮闘していました。
その間息子と旦那は、なにをしていたのでしょう‥。

店員さんに細かい内容の確認をしてもらっている間に
ご飯をたべました。

店内にあるカフェテリア方式のレストランには
長い列が続いています。

すぐ横に軽食を提供しているところもあって
そちらはすいていたのですが、
息子が「前に食べたミートボールが食べたい」
というので並んで待つことに。

ちなみにミートボールがおかずの
キッズプレートは、
5センチほどのちいさなぬいぐるみが
ついて300円くらいです。

ワインも自分でグラスにそそげるようになっていて
車でなければ、試してみたいところでした。

キッチンでは、事情があってすぐに契約ができず
また出直すことになりました。
時間をとらないと‥‥。

あとは洗面台と照明をきめてきました。

インドア派の私は疲れます。
だけど、やっぱりデザインと安さの魅力にひかれ
まだまだイケア通いは続きそうです。

あ~、早く横浜店がオープンしてほしい。


現場の様子

家の周りに水道管がしかれました。


0602suidou.jpg

家作り // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 14 (Thu)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 01

収納計画(洋服編)

整理整頓が得意ではありません。

モノをきちんと収納して、
いざ使うときにさっと出てくる
というのが憧れです。

姉も妹もすごく整理整頓が得意で
家の中のものが驚くほどびしっと整っています。
(ちなみに6月号の主婦の友に実姉がでています。どの人でしょう?)

きれい好きの遺伝子が私にはないのかも‥‥。

もちろん汚いのが好きなのではありません。
「すごくきれい好き」ではない、
という程度のことだと思うのですが。

毎日の積み重ねで
きれいな状態をキープできるかどうかは
性格の問題と思います。

そこできれいな状態に常にリセットできるように
新しい家では、
自分たちの生活に合わせて収納計画を立てました。

今回は「洋服収納」についてです。

今の一日の「服」の流れ。

①2階寝室で起きて
②となりの部屋のタンスからその日の服を選び
③階段を下りて1階の洗面所まで服を持ってくる。
④顔を洗ってから着替え。
⑤洗面所の洗濯機で洗って
⑥階段をあがって2階の寝室のベランダで干し
⑦寝室横の部屋に片付ける

とまあ、毎日家の中をくまなくめぐっています。

新しい家では
洗面所の横に収納を思い切って大きくとり
そのシーズン着ている服を
ほとんどしまえるようにしました。

こうすることで
①朝起きて2階に上がる
②洗面所で着替える
③洗面所横の洗濯機で洗う
④そのまま2階のベランダに干す
⑤ベランダで取り込み洗面所横へ収納

となる予定。

服や洗濯物をもって
階段を上り下りしなくてもよくなるのが
うれしい点です。

季節の変わり目は、
別の場所に収納しているものをいれかえなくては
いけないかな。

もともと普段着る服の数は少ないので
思い切って着ないのを処分して
もしかしたらその収納スペースにフルシーズンのが
入ればもっとうれしい。

湿気対策だけ、気をひきしめてとりかからないと
大変なことになりそうですが‥‥。


今日の現場

奥の畑予定地に非難している
枯れ木寸前だった植木が白い花をつけました。
なんという花かはまだ知りません。

「こでまり」ときいていたのですが、
そうなんでしょうか。あやしいです。

siroihana.jpg

家作り // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 13 (Thu)
dayline

Date 2006 ・ 06 ・ 01

ライフワークについて

6月になりました。
毎日の雑事に追われ、
はたと気づくと夏です‥‥。

子どもの時間に合わせて
朝から晩までタイムスケジュールが組まれ
一日があっというまに終わって
私は何をしているんだろうと
不満をもっていたこともありました。

だけど今は、一日が終わるときに家族みんなが無事で
ひとつ屋根の下で眠れるということが
一番幸せなのだと思います。

子どもはいつか、
さっと自分の手元から離れる時がくるでしょう。

そのときに自分が空っぽになってしまわないように、
時間をかけて自分のライフワークを見つけたい。

3年ほど前から独学ではじめたミシンが
きっとそこにつながっている気がするのです。

モノをつくるということは
その時間を過ごした自分がいた証拠が残せます。

お友達はわたしなんかよりも本当に忙しい毎日で、
でも会うたびにすごい勢いでモノづくりをしてる。
毎日彼女の分身が手作り作品となって生まれます。

いいなあ。尊敬します。

時間がないのいうのはいいわけでしかないのですね。

みならわなくっちゃ。


今日の現場
玄関と玄関横の倉庫(主に旦那用)に
コンクリートのたたきがしかれました。




IMG_2517.jpg

思うこと // コメント(0) // トラックバック(0) // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。