No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

No. 116 (Sat)
dayline

Date 2006 ・ 09 ・ 30

これからです

我が家は新築だけど、
いろんなところを仕上げないで
引越しをしてきました。

予算のことも大きく関係していますが、
もともと、「手を加えながら」住んでいくことで
当初の予算を削れるのはもちろん、
じっくりあれやこれやと考えながら
自分達の好みに近づけられる、
とも考えていました。

前にも書きましたが、
余白を残して作ってもらったことで
「新築とリフォームの2つの楽しみを味う家」
と思っています。

残した余白のなかでも
優先順位がかなりあとの方にあるのが
キッチンと洗面所のタイル貼りがあります。

どちらも、タイルを差し込めるように
壁との間にすきまをわざと作ってあります。

たぶん新築と同時に仕上げていたら、
どちらも白になっていたと思いますが、
洗面所は、もうすこし温かみがある雰囲気で
遊んでもいいかな、と思うようになりました。

悩みますが、
急いで決めなくてもいい分、
純粋な、楽しい悩みです。

~今のキッチン~
工務店の方がガスコンロの前に防炎の素材を
貼ってくださいました。
右の板は、はずしたミーレの天板です
ミーレの天板については、これも一騒動ありました、
なつかしい‥。

20060930170345.jpg


~今の洗面台~
20060930170354.jpg


タイルを貼る予定の場所には
壁塗の仕上げ2度目を塗ってありません。
ここは思ったよりも壁が黄色くなったので
それにあわせてタイルの色を考えようと思っています。

ちなみに優先順位の一番は
玄関のたたきのタイル貼りです。
玄関を出たところにもタイルをはる余裕をのこしてあるので
実は、玄関ドアの足元にしっかり隙間がある状態です。
寒くなる前(ってことは10月中?)にはやっつけないと!!

どんな風にしようか、ここでも迷ってますが。

スポンサーサイト
家作り // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 115 (Fri)
dayline

Date 2006 ・ 09 ・ 29

ちょっとお遊び

朝身支度をするためのタオルは
小さいハンドタオルで十分。

顔洗って、歯磨きして、手を拭いてなら
一人一枚、小さいものがあればOKと思いました。

タローズハウスで小さな真っ白のハンドタオルを発見。
真っ白だけど、お手拭きっぽくはなく、
我が家の洗面所に採用決定。
お値段も、とってもかわいくて気に入りました。

真っ白のものをしばらくつかっていると、
ふと、遊びたくなり、
ぺたぺたとアルファベットのスタンプを
押してみました。

息子に対して毎日繰り返している言葉しか
思いつかない私が、悲しい‥。


20060929085951.jpg


20060929090015.jpg

お気に入りのモノ // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 114 (Thu)
dayline

Date 2006 ・ 09 ・ 28

芽が出た~♪

夕方息子と畑を見に行くと、
もしかしてもしかして‥‥
芽が出ていました~!!

はじめに見つけたのは一番奥の大根の芽。
にょっきりと双葉をもたげている感じです。

20060928192228.jpg


ごらんの通り、我が家の家庭菜園の土は
とんでもなく粘土質なのです。

こんな過酷な条件の中、
刈り取った雑草にまじって
みずみずしい緑色の芽をみることができて
すっごくうれしいです。

家庭菜園の記録のために買ったスケッチブックに
息子が、私の感動を4コマ漫画?にしました。
ちなみにかなり幼稚な絵ですが、
こうみえても小学2年生です、念のため‥。

息子からみると、芽が出たことよりも
私が驚いたのが、おもしろかったようです(笑)


20060928192204.jpg

名称未設定_13 // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 113 (Thu)
dayline

Date 2006 ・ 09 ・ 28

おもちゃ

子供が生まれてから、
思いがけず増えた楽しみの中に
「おもちゃ」がありました。

○○レンジャーが持っているブキも
欲しがりましたが、
我慢してから買い与え、なのに
もう少しでそのブキシリーズをそろえられる!と
喜んだのもつかの間、
すぐに新しい△△レンジャーに変わってしまいます。

テレビのキャラクターが新しくなれば
また子供たちがその新しい物を買ってもらって
企業にはお金がどんどん入るんでしょうね‥。
だけど、そんなのって
企業のお金儲けのためだけのもので
子供を育てていくにはマイナスの要素の方が
多いんじゃないでしょうか。

ちなみに我が家では
「遊びにきたら何でも好きなおもちゃ買ってあげるよ」
といってくれるおじいちゃんおばあちゃんに
この辺りのおもちゃは任せてあります‥。
いつかゴミになってしまうようなものにお金払いたくなし、
子供にはおじいちゃん、おばあちゃんちに行く
醍醐味?も味あわせてあげたいし‥。

この話は長くなりそうなので、本題へ‥。

昨日またノルマのダンボール1つをあけていると
大好きなおもちゃが出てきました。

これ、本当にきれいです。

20060928062830.jpg

20060928062841.jpg

20060928062849.jpg


昨晩息子も寝る前になって
「これで遊んでから寝てもいい?」といってました。
いいよ、いいよ、と普段鬼母の私も
しつけどころじゃないです。

「これきれいだよね」
と言う息子に、その感性をいつまでも、と願う母でした。

実はこのおもちゃ、ネフ社の印はありません。
原宿のラフォーレとzakkaの間の細い道ぞいに
「ゆーといぴあ」という信念のあるおもちゃ屋さんがあって
そのお店がネフ社と技術提携して作ったものだそうです。
ネフ社の印にこだわる人でなければ、
おもちゃ本来のの機能に関していえば全く遜色ありません。
厳密にいいえば発色や、木の質感が若干違うそうです。

私の高校時代からの友人の知り合いの方が
やっているお店なんだだそうです。
セールをやっているので是非のぞいてみて
と薦められていってみると
セールとはいえあまりの安さに驚きながら
息子の2年生への進級祝いと理由をつけて
買ってきたのでした。

あ~、もっといろいろ買えばよかったなあ。


20060928062856.jpg

お気に入りのモノ // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 112 (Wed)
dayline

Date 2006 ・ 09 ・ 27

おそろい?

設計段階やや工事期間中はただ夢中で、
1日2回現場に通った日も何度あったことか。

そのときそのときで
決めなくてはいけないことを
頭を抱えながら、たった一つに決める
というのが、想像以上に大変だったなあ
と思い出します。

今の穏やかな気持ちからは
信じられないくらい
いっぱいいっぱいでした。

そんなあふれそうな頭を抱えつつ、
キッチンはイケアのものを施主支給するので
帰りの大渋滞に巻き込まれながらも
逗子から船橋にたびたび足を運びました。
横浜ができていれば、もうちょっと楽だったなあと
思いますが、今の港北店の混雑ぶりは
船橋以上かもしれませんね。

キッチンだって、なんだって
これもいいな、あれもいいな、と思うのが女心。
ひとつに決めるのは大変なんです。
ドアの表情ひとつで雰囲気かわりますからね。

結局思い切って白いキッチンに決めました。

で工事が終わりかけの頃に気づいたことが‥。

キッチンと各部屋につけたドアのデザインが
おそろいだったのです。
ドアはカタログを見て決めたのですが、
キッチンと同じにしよう、とは
まったく考えていませんでした。


好みが決まっていたということでしょうか、
意外な発見に自分でびっくりしてしまいました。

自分できめたものが揃っているかどうかまで
考えられないくらいの状態だったんですね。

あのころ、ゆっくり鏡みたら、
きっとびっくりしただろうなあ‥。


キッチンの面材はこんなやつ。
ADELという種類だったと思います。
取っ手も自分で選びます。
将来飽きたら取っ手や面材だけ取り替えることも可能です。

20060927061348.jpg


1階の引き戸です。
左がトイレ、右が主寝室+ミシンスペースの入り口です。
20060927061329.jpg


どちらも引き戸を採用しました。
20060927061341.jpg


2階のトイレのドアです。
引き戸にしたかったのですが
スペースの関係で断念。
20060927061354.jpg


ちなみにおそろいだったから、良かった、
という話ではないのですよ、もちろん。‥。

家作り // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 111 (Tue)
dayline

Date 2006 ・ 09 ・ 26

荷解きはつづく‥

今月はじめに引越しをして
すでに20日以上たちました。

2階は散らかさないように
気をつけています。
それでもブログの写真を撮るときは、
なるべくきれいに写るように、
下準備をしてから撮影です。

ご安心を‥
気取った生活をしているわけではないので
写真の裏舞台をどうぞ想像なさってください。
たぶん、想像通りですので。

2階で使わなくて
分類の必要な荷物はすべて
1階の個室へ、ダンボールのまま
押し込んである状態です。

目標は一日にダンボール1箱は片付けること。
そのくらい、1階はかなり雑多な状態です。

ウェブ内覧会もやりたいのは山々ですが、
1階に関してはまだ写真をとれる場所が
かなり限られているので、
長い目でお付き合いいただけると、
うれしいです。

片付けがもともと苦手なので
よく構想を練ってから
順に荷物をほどいていくつもりです。

こんな私でも寝る前と出かける前だけは
テーブルの上をモノがない状態に
リセットする気持ちよさを覚えました。

さていつまで続くでしょうか‥。


ちなみにキッチンから見える黒板は
覚書きに大活躍です。
せっかく書いた覚書を
息子がさっと消しちゃったのには驚きましたが
叱る気もおきないくらい、あっけなく
それから大切なことは
彼の届かない上の方に書くようにしました。

こんなちょっとしたことが
楽しい毎日の名脇役となっています。


20060926193041.jpg

家作り // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 110 (Tue)
dayline

Date 2006 ・ 09 ・ 26

リビングの照明

家作りの中で難しかったことのひとつに
照明計画がありました。
お金を払ってプロに依頼すれば
コーディネートしてくれるのでしょうが、
そんな予算はもちろんどこにもありません。

外から戻ってきて寝るまでの間
ほとんどの時間をすごす場所はリビングです。
それは最初からわかっていたことなので
ここだけは、なんとか感じよく、おちつけるような
照明にしたいと考えていました。

運良く我が家の着工が
イケア船橋の開店とタイミングが合ったので、
照明器具はイケアでそろえてきました。

イケア開店前は、あれやこれやと探しましたが
欲しい!と思うものはたいてい高くて
とても手が出ませんでした。

とりあえずでも、
変てこりんなものは付けたくない、
安いだけでは困る、
という人にとっては
イケアの照明はもってこいの存在だと思います。

一番最初のプランでは
勾配天井に直接ダウンライトを取り付けるプランでした。

次に構造材にスポットライトを取り付けるプラン。
リビングの天井が吹き抜けで構造材が
あらわしになっているので
直接天井にダウンライトをつけると
構造材(梁)の影が床にできてしまうと考えました。

だけど、スポットライトだけが並んでいる照明での
生活のイメージがつかなかったので
ぶら下げるタイプのペンダントライトにしたい
と思うようになりました。

ペンダントライトなら
将来的にはアンティークのものに代えてもいいし、
選択肢がうんと増えますから。

そして最終的にはダクトレールをつけて
ペンダントライトを好きな位置に付けられるようにしました。
ダクトレールは2mのものが約4000円くらいだったと思います。
それを2本つなげて2本の構造材に
それぞれ4m分取り付けてもらいました。

予算を削る作業をしているときに
新しくやりたいことがでてくると
本当に大変です。

たった2~3万円、なんて言葉は通用しません。

だけどここはつけてもらって本当によかったと思います。

今リビングにはペンダントライトが5つと
スタンドライトが2つあります。
すべてイケアです。

一番気に入っているのはテーブルの上のライト。
一見ちゃちいですが、
明かりをともすと、
ちいさな二つの照明が
しっかりと役目を果たしてくれています。
テーブルの上に2つのまるい光が
ほんわかと並ぶのがすごくうれしい。

20060926062955.jpg

20060926063004.jpg


スタンド2つは親子みたいに
はなれたり、くっついたりできるデザインです。
背の高いほうはキャビネットの横の間接照明を、
背の低いほうはパソコン作業の時の照明を担っています。

20060926063012.jpg


ちなみに小さいほうの首に巻いてあるのは
ラフィアで、カーテンを縛るのに使っています。
20060926062948.jpg

20060926063020.jpg


それにしてもパソコンすごいでしょ。
いまどきこんなの使ってる人いるんでしょうか。
液晶くらい買えばいいんですけど、
貧乏性が表れていますね‥。

あと、これから考えているのはテレビのための照明。
先週ホームセンターに行ったときに
3000円台で細長い蛍光灯で
テレビの後ろなどに上向きに置く照明があって
すごく気になっています。

間接照明は黒目の色の薄い人にとってはいいらしいのですが
目の色の濃い我が家の家族にとっては
目の負担になる恐れがあります。

テレビ用の照明は家族の目の健康のために
やっぱり必要だなあ。

それともダクトレールにスポットライトを
ひとつつけてテレビを照らすか、
さて、どうしましょう。

うすくらい夜の部屋は、とってもいいですよ。
気持ちが落ち着くし、夜!って感じがするし
家族みんなの声がワントーン落ち着きましたからね。

なによりも私の怒鳴り声も少なくなったかも‥。
家作り // コメント(4) // トラックバック(1) // Top

No. 109 (Mon)
dayline

Date 2006 ・ 09 ・ 25

秋色あじさい

いままでお花にはあまり縁のない生活をしていました。

たまには玄関先を飾るのに買ったりもしましたが
鉢植えしか買えないし、
とにかく植物を育てるのが苦手なのです。

若いときはサボテンさえ
ひからびさせていまうような
そんながさつな生活をしていました。

だけど、30代ももうすぐ折り返しにはいる時期になって
ずいぶん変わってきました。

おうちを建てたのは
もちろん大きなきっかけにはなったのですが、
一輪の花が、暮らしをゆたかにしてくれる
ということを実感できるようになってきました。

遅い、ですよね‥。

秋色あじさいは
雑誌でしかみたことがなくて
(というより、お花屋さんにあまりいかないから)
素敵だなあ、と思っていても
自分の家にやってくることがあるなんて
イメージもつかなかったくらい
「自分には素敵過ぎる」お花でした。

だけど、今日ふらっと立ち寄ったお店
鎌倉の由比ガ浜にある
リリーという小さなお花屋さんで
心を奪われてしまいました。

ここは唯一私が立ち寄って
店主とお話ができるお花屋さんです。
リリーの店主は私と同じ年で
センスには大きな信頼を置いています

おいくらですか?と小心者の私。
「400円です。これ、かわいいでしょう」

ん~、ちょっと悩みましたが
自分のおこづかいで
思い切って2輪買っちゃいました。

手持ちのブリキのジョーロがぴったり。

素敵~!!
自画自賛です。

むらさきと緑がこんなにシックで
すてきな色あわせになるだなんて、
この花でないと教えてもらえないことでした。



20060925173339.jpg

お気に入りのモノ // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 106 (Sun)
dayline

Date 2006 ・ 09 ・ 24

畑作業開始

畑についてのカテゴリーを新しく追加しました。

我が家の裏には小さな細長い
おまけの土地がついています。
最初にその存在を知ったときから
「ここは畑」とほぼ決めていた私たち。

建築中もほったらかしで
背丈以上の雑草が生い茂っているのを
旦那が刈って、石灰をまきました。
石灰をまくのは土の酸性度を中和させるためです。
たとえばほうれん草は酸性の土をきらうので、
しっかり調整しないといけないようです。
ホームセンターに売っていたアースチェックというもの
で酸性度をはかることができます。
PH7が中性なので「弱酸性」というところでしょうか。

a-suchekku.jpg


我が家のちいさなちいさな農場は
かなりの粘土質です。
先週購入しておいた野菜の種をいくつかまきましたが
素人の畑仕事、収穫できれば万々歳です。

種をまいたのは

大根
こまつな
かぶ
しゅんぎく
ほうれんそう

この時期にまく秋冬野菜は
どうしても葉モノが多いのです。

ついでににんにくも植えました。
にんにくは、一片ずつ土の中に植えます。
収穫は来春で、他の葉ものよりもうんと長期戦です。

旦那の実家から細いねぎが大量にとどいたので
教えてもらったとおり土に植えました。
こうしておくと使うときに取りにくればよいので
乾燥しないでとっておけるのだそうです。

来週にはどこかで芽がでてくると思うと
なんだか、すごおく楽しみです♪


種と、家庭菜園の参考書を買いました。
種は、一種類約150円です。
使ったのは半分以下なので、すごく安いですね。

20060924213211.jpg


今日とりかかる前の畑です。
20060924213231.jpg


いちばん手前に実家からとどいたねぎを植えました。
その横でにんにくを植えているところです。
20060924213155.jpg


昼ごろからとりかかって、夕方に種まきはほぼ終了。
20060924213220.jpg


野菜が収穫できれば、
あとは海で魚をつってくれば
自給率80%くらいはいけそうです♪

無理、無理‥‥

名称未設定_13 // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 107 (Sun)
dayline

Date 2006 ・ 09 ・ 24

エプロン

ブログをはじめた頃から、いままで
好きなミシンに向かうことができずに
今、ふつふつとミシンふみたい!!という思いがわいてきてます。

今作りたいのは、「ホームスパンのカラークロス」
という本にでていたワンピース。
私が着たら妊婦さんに見える確率90パーセントだと思うけど、
それでも作って着たいなあ。

でもその前に妹に頼まれた
姪っ子の「お友達の家に自転車で遊びにいくときの肩掛けバッグ」
が先です‥。妹よ、少しまっててね。

気づいた方いらっしゃったら、
かなりブログを読み込んでくださってる方かもしれません。
私、6人兄弟姉妹の3番目、次女なので
兄、姉、妹①、弟、妹②とフルコースの兄弟が登場します。

さて、話はそれましたが、
私が約4年前に急にミシンを踏みたくなった
きっかけとなったのが
このエプロンの生地に出会ったことでした。

20060924075421.jpg


その頃まだ足を踏み入れてなかった
鎌倉スワニーさん、ふらっとのぞくと
まだリネンが今ほど仕入れられてなかった時期にも
かかわらず、このチェックの100%亜麻の生地に出会いました。
グレイがかった紫色に、横糸には茶色が使われていて
深みのあるとてもすてきなチェックなのです。
つやがあって、すごくやわらかくて、すぐに気に入りました。
全品10%オフのセールで手にいれたのですが
今思えばロールで買えばよかったと思うくらい、
レアな生地でした。

ミシンを持っていないくせに、ミシン熱にかかった私に
勤め先の女性が使っていないからと
おうちにあったミシンを貸してくださいました。
数年間も借りることになったのですが
最初に作ったのがこの生地で作ったエプロンでした。

ただ四角く切ってポケットを二つと
真ん中にプリーツ?をいれただけの簡単エプロンです。
次に同じ生地で作ったの胸当てつきはお友達にプレゼントしました。
今でもつかってくれていて、本当に感激しました。

それからというもの、
エプロンは作るもの、になっています。
ただどうしても自分で作れなくて
すごくかわいいエプロンもあって
それは、いつか欲しいものの、ひとつにとってあります。
生地は、リネンもいいけど、
気分によってはコットンの張りのあるものが
引き締まった気持ちになって、好きです。

やわらかい生地のエプロンは、
ゆったりした時間にあってるかなあ、と思います。

張りのある作ったもので今家にあるのは
このふたつ。

20060924075437.jpg


左のストライプのものは途中まで作って
一年間ねかしてあったものに、
ひもとポケットをつけて去年完成させたもの。
まだロックミシンがなかったときに作ったので
後ろははずかしいのですが、こんな感じでバッテンに。
自分にぴったりサイズで作ってあります。

20060924075446.jpg


黒のブロックチェックのは一番新しくて、
多分ブログをはじめる少し前に作ったもの。
お友達が着ていたシンプルな形のエプロンが気に入って
型紙を取らせてもらいました。
ドラえもんポケットは胸当ての部分の脇を切ったときの
同じ形のハギレをふたつ組み合わせて作ってあります。
こちらは息子の服によくつける「R」のタグつき。

20060924075429.jpg


家にいるときはこの張りのあるものの方が
家事のやる気を引き出してくれます。
自分で作る // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 105 (Sat)
dayline

Date 2006 ・ 09 ・ 23

柵がつきました

ずいぶん涼しくなりました。
暑さ、寒さも彼岸まで、ですものね。

パソコンが動かなくなる前の、先週末のことですが
階段を上がったところの柵がようやく
取り付けられました。

荷物を運ぶから
引越し後に取り付けをしてもらうほうが
好都合ということで
しばらくは「ちいさい子供は要注意」の
状態で過ごしていました。

姪っ子の3歳の「ちいこ」は
柵のない1メートルほどの場所を通るたびに
パパ(実兄)から「ちいこ、あぶない!!」と
注意されてて、とってもはらはらさせてしまいました。

少し大きい子供たちは柵がないのが、
かえってスリリングで、楽しい気持ちも味わったようです。

これで、とりあえず安心です。

I型とL型の鉄製のものを柱に取り付けます。
L型のものは私ひとりではとても持ち上がらないくらい
重たくてびっくりしました。

色は、基本的には「白」でいいと思っていましたが、
ここでも「真っ白」はさけました。
色見本でみているとかなり黄色よりに見える「白」
を選びました。

使うねじにも同じ色が塗られています。

これお菓子の箱にねじを差し込んであって
その上からペンキを塗ってあるもの。
ちょっとしたオブジェのようです
20060923071619.jpg


作業は2人で行われました。
20060923071642.jpg


色は少しつけて正解でした。
なじむ「白」です。

20060923072320.jpg


「白」を使いたくなっても
ちょっと立ち止まって、
少し色をつけたほうが浮き上がらずに、
観ているほうも安心できる「白」になるんだと実感しました。
家作り // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 104 (Thu)
dayline

Date 2006 ・ 09 ・ 21

ふ~っ

ごぶさたしてました。
パソコンの具合がすっっごく悪くて、
更新したくてもできない状態が続いていました。
管理者ページが開けなかったり、
自分のブログさえ開けない状態になって
少し絶望していました‥。

あれも書きたい、これも書きたいと
ネタは毎日あるのに、
とってもストレスフルな時間を過ごしていました。

パソコンの状態が普通に戻ったので
ようやく再開できます。
その間もたくさんの方がアクセスしてくださっていたようです。
ありがとうございました。

さて、昨日本屋さんでほんの少しぱらぱらと
雑誌を立ち読みしていると、
なんだか見覚えのあるお部屋がでていました。

この家を建てるときにいろんな相談をしていた
葉山のアンティークショップ「タローズハウス」の
タロウさんのお宅が
今回の「私のカントリー」に大きく出ていました。

何ヶ月か前に初めてお店をのぞいたときに
我が家のダイニングテーブルについて
もしかしたら新居にも大きすぎるのではないか
と相談させていただきました。
かわりのモノがあれば、
取り替えることも検討しなければいけないかしらと話すと
タロウさんのご自宅にひとつアンティークテーブルがあるので
そのテーブルをごらんになります?
とおっしゃってくださり
早速次の日の朝にお邪魔した、そのおうちでした。

本当に素敵な家具に囲まれて
やわらかい空気につつまれたお宅でした。
雑誌の写真に出てきそうですね、と私がいうと、
何度も雑誌に登場していますの、とのこと。
恐れ入りました‥。

本当に写真のままのお宅です。
ご興味のある方は是非、ごらんになってくださいね。
今回の特集の一番先頭、だったと思います。

玄関ドアにはめ込むステンドグラスも
こちらで購入したものでした。

タロウさんと出会えたことで
ハプニングはありながらも
最終的には私たちがのぞんだような
「ステンドグラスをはめた玄関ドア」ができました。
玄関ドアについてはこちらで何度か紹介しています。

20060922070245.jpg

20060922070214.jpg


これからもきっとたくさんの
インテリアのヒントをもらいに
「タローズハウス」に足を運ぶと思います。

アンティークに興味のある方
雑貨に興味のある方は
ドライブがらてら是非お店をのぞいてみてください。
タロウさんの暖かい雰囲気があふれた
本当に素敵な小さなお店です。
葉山の数少ないスーパー、京急ストアの目の前です。


心配していたのがうそのよう、
愛着あるテーブルはもとからそこにあったように
おさまっています。

20060922065640.jpg

思うこと // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 102 (Wed)
dayline

Date 2006 ・ 09 ・ 13

黒板

息子が1年生のあがるときに
彼の持ち物スペースを作るために
アパートの模様替えをしました。

その前からベッドの底板が捨てられず、
なにかに使おう、と思っていたので
その板を黒板に変身させて
息子のスペースにおこうと思いつきました。

塗料屋さんで買ったのは
スプレー式の緑色の黒板塗料。

スプレー式なので外で作業するしかなく、
しかもよその車に塗料が飛ばないように
風のない日を選んでやったのを思い出します。

そのときに作った黒板は
引越しのときにもちゃんと持ってきました。
息子の部屋におく予定。

新しい家ができあがってきたころ
台所からふと左に目をやると、
台所の脇の通路から書類棚を仕切る壁に気がつきました。

きっとここが我が家の司令塔、
スケジュールとか、
やらなくてはいけないこととか
覚書きをするのにちょうどいいスペース。

そう、この壁を黒板にしよう。
黒板にして、隅っこに身長計を刻もう。

きっと10年後にはたのしい成長記録になっているはず。

以前にも書きましたが
雅姫さんの『basketery』で
同じような身長計がちらっと写っていて
あーれー!と感激のような、ちょっとさみしいような
気持ちになったやつです。

誰かと全く同じことをして満足できる
年齢ではなくなってきています。

あと5年若かったら
ただうれしかったかも知れませんが。

新しいものを作る嬉しさが
そんな理由で減ったところで
作りたい気持ちに変わりはありません。

そうときまれば
黒板塗料探しです。

次は黒いのがいいなあ。
できれば刷毛でぬるやつがいい、
だってスプレーは家の中では無理。

とあちこち探すのですが、
黒の黒板塗料は製造中止ということで
どこにもないのです。

でも、さがせばきっとあるはず。
「なかなか見つかんなくて、困っている」
と話すと、工務店の方が見つけてくださいました。
こんな雑務をいやな顔ひとつせず引き受けてくれて、
本当に感謝しています。

その塗料は2缶で6000円ほど。
2度塗りで仕上げるときれいになるとのこと。

引越しを終えて、
ようやく何日か前に養生テープから取り掛かりました。
揮発性のにおいがきついので
息子がいない時間をみて作業です。

さきほど3度目で塗りあがったのが
こんな感じ。

20060913122034.jpg


養生をはがして、
少し乾いたら独特のマットな質感ができました。

20060913122054.jpg


表示では7時間は乾かしてから
ようやくチョークを使ってもよいそう。

使えるようになったら
チョークと黒板消しを置く場所作んなきゃなあ。



お気に入りのモノ // コメント(4) // トラックバック(0) // Top

No. 101 (Tue)
dayline

Date 2006 ・ 09 ・ 12

ようやく電話機買いました

つい先日まで使っていた我が家の電話機、
すっごい状態でした。

買ったのは約12年前、
母の勧めでファックスつきの「手ぶらコード留守」という
当時所ジョージが宣伝していたものでした。

ひとり暮らしにファックスなんていらない、
というと母は「連絡したいときに助かるから」
などどいう理由をつけて、ファックスつきを勧めます。
結局結婚してからも
その電話を使うことになったのですが
肝心の母からのファックスは、たぶん1通もなかったかも‥。

息子が赤ちゃんのときに
その「コードレス」は格好のおもちゃに。
何度も投げられ、冷蔵庫にぶつけられ
バッテリーの入っているふたがはずれ
バッテリーがむき出しに。

でも通話には困らない、ので買い換えない私たち。
最近ではぐるぐるにガムテープで補修された
電話を使っていたのです。

さすがに引っ越すときに、
「これやだね」という話になりました。
運良く!どうも調子が悪い。
通話中にぷっつり切れちゃうことも度々。

ようやく念願の買い替えができました。
しかも2日前のことです。

もともとは外国家電などで
デザイン優先で買おう、とずっと考えていました。
韓国のmu-techも嫌いじゃないし、
雑貨屋さんにもシーメンスのでシンプルでいいのがありました。
bang&aulfsen もいいかも。

いろいろネットで見て回りましたが
デザイン家電に、ファックスつきはないのです。
これがネックで結局日本のメーカーで探すことに。

もうひとつのネックは大きさです。
ファックスを常に待機させておくと
本体がどんなにコンパクトでも
背面にA4の紙の大きさの給紙器具を取り付けなければなりません。

使っていた機種は感熱紙を使っていたので
内部に感熱紙をセットして
印刷されたものは背面からにょろにょろ出てくるタイプでした。

このうちを作るときに電話機の位置に
キッチンカウンターから続く棚を作ってもらって
その棚の中に電話を収めようと考えていたのですが、
給紙器具がそんなに高さが必要とは計算してなかったのです。

少し前に下見したときには
パナソニックのもので、
ファックス本体に親機がついていない機種があって
これ、いいね。となったのですが、
実際に使うときには例の給紙器具が必要です。

こまりました。

店員さんに話を聞くと
送られてきたファックスを
いったん画面で確認してから、必要なものだけを
印刷できる機種があるとのこと。
シャープ製で子機はこちらの方がいい感じです。

しかもこれなら高さがあまり必要でありません。
必要なときだけ紙を背面から差し込んで
印刷すればよいのです。

本体のデザインはパナソニックのほうが
すっきりはしていたのですが、
あちらは、ありがちな鈍く光るグレーで、色がなあ。

はたと思いつきました。
いつも目に触れるのは子機だから
子機のデザインの方が重要なのでは、と。

決まりです。
白いシャープ製のものに決めました。
本体は目障りなら好きな布で覆えばよいし。
でも、本当に目障りなのはコンセントジャック、
コードとコンセント周辺はこれからの課題です。
ダミーの壁でもつけようと考えています。

20060912172656.jpg

nunodekakusu.jpg


子機は充電器に360度、どの向きでも充電可能だそう。

20060912173133.jpg

20060912173157.jpg


電話生活ようやく快適になりました。
お気に入りのモノ // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 100 (Tue)
dayline

Date 2006 ・ 09 ・ 12

こんなおうちです③

今回は普段の洋服収納について。

設計段階の一番最初から「こんなふうにしたい」という
希望がはっきりしていたところです。

それは普段着を収納するスペースを洗面所の隣にほしい、
ということ。
これだけは間取をきめていくなかで
どうしても譲れなかったところでした。

今回のクロワッサンで阿部絢子さんの洗濯モノの
収納について同じようなことをかかれています。

うちの洗面所は180㎝×350㎝くらい、
かなり大きくとりました。
お風呂のとなりから家の東側に

洗面台
フリースペース
洗濯機、
収納棚
と並べました。

洗面台はイケアで購入したものと
両開きの鏡に収納棚がついたもの。

フリースペースは今のところ
前のうちで本棚として使っていた無印のパインの棚。

その横に洗濯機。

そして、念願だった洋服収納。

大きな箱の状態にどんな形で棚を作ればよいか悩みました。
使いやすくて、しかも今後改良の余地のある
作りすぎない棚がよいと思いました。
冬になれば洋服の一時置き場が必要になるでしょうし。

実はL字型に作ることで角の収納が
心配だったのですが、
服を詰め込みすぎなければ十分使いやすいと判明。

この棚ができたことで毎日の
洗濯物の動線が飛躍的に短くなりました。

①朝起きてシャワーをあびてここで着替える
②洗濯機をまわす
③そのばでハンガーにかける
④同じ2階にあるベランダに干す
⑤取り込む。時間がある時にたたんでその場で収納。

以前の住まいでは洗濯機置き場、物干し場、収納スペースが
すべて別の部屋にしかも1階と二階にわかれていたので
洗濯物をかかえてせまい階段を上りおりするのが
結構大変だったのです。

その不便が解消されて、とにかく、便利になりました。

写真は大工さんにつくってもらった収納スペース。
棚板の奥には風がぬけるようにわざと隙間をつくってもらいました。

まだまだ片付け途中で
はずかしいのでピンボケ写真でしつれいします。
20060911231647.jpg


まだ服を全部だしていないのですが、
案外少ない服で十分事足りています。

私は、服はたくさんほしいというわけでなく
そのときに気に入ったものなら
毎日でも着れるタイプなのです。
家作り // コメント(4) // トラックバック(0) // Top

No. 99 (Mon)
dayline

Date 2006 ・ 09 ・ 11

雨宿り

窓をいくつも開けっぱなしにして寝ていたら
寒くなってきたので、
起きるとすぐにロフトにも上って
窓を閉めまくりました。

セーフ‥。

いまは起きてから30分後、
すごい雨が降ってきました。

雨が降りはじめ、外に目をやると
白い鳥が2羽はらはらと飛んでいました。

あ!っと思ってカメラを取りに行くと
今度は何羽いるでしょう‥。
同じ鳥が群れをなして
海の方から山へむけて
飛んでいるのが見えました。

雨が降り始めていたので
群れはなんだか、落ち着かない飛行を続けます。
雨宿りでも探しているように
右へ左へ
下へ上へ

たまに近くの下山川でこの鳥が
水浴びをしているのを見かけるのですが
こんなにたくさんを一度にみれるなんて、
早起きしてよかったなあ、と感激。

それにしてもすごい雨です。

待ちに待った雨、
雨上がりにはきっと
くっきり江ノ島がみえるでしょう。

鳥達はどこかでうまく
雨宿りできたでしょうか。


20060911054441.jpg


20060911054553.jpg


雨があがりました。
さっきのすごい雨は、大雨洪水警報まで発令されていました。
今は解除されて、予想以上のこの光景。
江ノ島のまわりの藤沢や茅ヶ崎あたりまでみえています。

20060911071947.jpg

お気に入りの風景 // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 98 (Sat)
dayline

Date 2006 ・ 09 ・ 09

はじめての休日


まだ雨は降らず、蒸し暑い日でした。

昨晩、近隣への引越しの挨拶をようやく終えました。
あいさつ回りはお向かい3軒と
うちよりさらに奥にある11軒をまわりました。
みなさん、すごく好感のもてるやさしい方ばかりで
本当に安心しました。

初めての休日の今日は午前中、掃除をして、
ちょうどお昼に大潮の干潮だったので、
あさりを採りに磯へ出ました。
大潮とは満月の前後の日で潮の干満の差が大きい日です。

3人で自転車ででかけました。



お気に入りのモノ // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 97 (Thu)
dayline

Date 2006 ・ 09 ・ 07

こんなおうちです②

我が家で気に入っているのは、
窓からの眺めです。

もともと眺望にほれ込んでこの土地に決めたので
間取りについても
窓をどんなふうにつけるかについても
眺望を優先してきめました。

最初から二階リビングにしたのはもちろん。
途中でほんのチラッと1階リビングの案もありましたが‥。

引っ越してきてから、早起きになったのは
その日の窓の景色が楽しみなのと
空気の気持ちよさを味わいたいからに
他なりません。

朝起きて2階の洗面所へ向かうと
みじかい廊下の正面に窓が見えます。

初めて泊まった日の朝、
息子の喘息がでて、家族全員で5時くらいに
目が覚めたのですが、
この窓にふりそそぐ朝日が本当にきれいで
寝不足なのに、すごく幸せな気持ちになりました。

息子も、つらいはずなのに、
「きれいだねえ」
と話してました。

これが洗面所の窓からの景色です。
20060907162223.jpg


隣家と隣家の隙間によそのおうちの畑が
細長くつながっていて、
ちょうどその畑を望むように窓を設置しました。

窓の右側がいわゆる東南の角なのですが
こちらには隣家の窓があります。
視線をさえぎるために
思い切って窓はとらずに収納を作りました。

いくらカーテンがあったとしても
壁ほどの安心感はないと思います。

次はキッチンの窓です。
山の稜線がきれいで、気持ちがいいです。

20060907162146.jpg


ここは初めて窓を取り付けたときに
「しまった、高すぎた~」と思って
大工さんに少し下につけなおしてもらった窓です。

手遅れになる前に直したいところは
はっきり伝えるものだなあ、実感しました。

こちらは今いるパソコンスペースからの眺め。
20060907162213.jpg


家の中を撮っていると広角レンズが欲しくなります‥。

一番のお気に入りの眺望は晴れた日のキッチンからの眺め。
だけど、ここ2,3日湿気が多く、空気がすんでいないので
水平線と江ノ島はほとんど見えない状態です。
日によってこんなにも違うものかなあ、と思います。

雨が降ったあと、すっきりとした空気の日に
気合を入れて写真を撮ろうと思っています。

葉山の山と海をのぞむのは
雨が降った翌日の大きな楽しみです。

今日の夜あたりひと雨くるかも、と天気予報。
明日は写真とれるかなあ。
家作り // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 96 (Thu)
dayline

Date 2006 ・ 09 ・ 07

『プチメゾンのちいさな暮らし』

ブログで知り合ったtinyさんの
家作りや素敵な暮らしぶりを紹介した本が出版されました。

tinyさんの家作りの話を読んでいると、
世代が同じということもあり、
共感できることがたくさんあります。

ご興味のあるかたは、
是非書店でさがしてみてくださいね。


11.jpg

お気に入りのモノ // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 95 (Wed)
dayline

Date 2006 ・ 09 ・ 06

こんなおうちです①

たくさんの人の手で我が家が出来上がりました。
コアハウズのスタッフの方はもちろん、
大工さんたち、基礎工事屋さん、水道屋さん、電気屋さん、
左官屋さん、ペンキ屋さん、防水屋さん、
内装屋さん、暖炉屋さんなどなど
たっくさんの方々の手で
自分達が住みたい家が形となってできました。

本当に感謝しています。

未完成の部分も残しての引渡しですが、
自分では「新築の楽しみ」と「リフォームの楽しみ」の
両方を味わえると思っています。

もちろん予算の都合で、一度に完成の状態には
できなかったということも大きいのですが、
生活するには困らなくて、
急いできめなくてもよくて、
じっくり考えてから取り組める場所がのこっているのが
すごく楽しみです。

少しずつ新居を紹介させていただこうと思っています。

さて、まずは玄関から‥。

玄関は家の西側に面します。
風水上、どうかな、とも思ったのですが、
どんなに風水的によくできたおうちでも
そこに住む人が幸せそうでなければ
意味がない、という当然の話を読んでから
あんまり気にしなくなりました。

玄関ドアは外から一段上がったところに
少し奥まって作りました。

雨が降っていても
玄関ドアを閉めてからゆっくり傘をさせるように
というのがが狙いでした。

実際に雨に当たらずに傘を広げられるのは、
本当に便利です。満足しています。

ドアは唯一のオーダードアです。
現場見学会の前日にようやく取り付けられて、
我が家の顔となりました。

ステンドグラスは1910年代製‥。
どこの国で作られて、
どんな人が使っていたのでしょう。
玄関は新しくても、ステンドグラスだけが
90歳のかわいいおばあちゃんのように、
そこにあるだけで、空気を和らげてくれます。

昼間は、家の中からみるとすごくきれい。

20060906163401.jpg


20060906163334.jpg


夜は外から帰ってくる人を迎えるように
玄関の中の明かりがステンドグラスを通して
外にもれてきます。

癒されるすてきなドアに作っていただいて満足してます。

ちなみにポストは、とりあえず見つかるまでの間 
9年選手のリサイクルボックスを活用、です。
ゴミ箱だったり、傘建てだったり、かなり働いてもらった
プラスチックボックスですが、まだまだ現役。
これからも家の中の大事な仕事をまかせようと
考えています。

20060906163412.jpg
家作り // コメント(4) // トラックバック(0) // Top

No. 94 (Mon)
dayline

Date 2006 ・ 09 ・ 04

新居より、初。

引越ししてきました!

はじめて葉山のおうちでパソコンを打ってます。
引越し前のアパートのときよりも
心なしか、調子がよいような気がします。

こちらでおとといと昨日と、2晩過ごしました。

ここは静かです。
テレビを消すと、本当に静かです。

よく眠れました。

実はまだアパートの片づけが残っています。
明日にはなんとか片付け終了できそうかな。

というわけで、まだ落ち着きませんが、
少しずつ新居の様子を更新をしてきたいと思います。

この時期にありがちですが、
引越しのどたばたで、ケータイの充電器と
デジカメの充電器が行方不明です。

ケータイは何を隠そう、J-phone使ってます。
もたもたしていると、vodafoneをとおりこして
softbankになってしまいそうです。

デジカメが生き返ったら、
写真たくさん撮りますね。


家作り // コメント(4) // トラックバック(0) // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。