No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

[224]昨日…

昨日「クウネル」を立ち読みしたばかりです~!^^;
あの方…。
なるほど、たしかに子供服がそんなに持ちがいいというのは聞きません。
「なじむ」のはよれよれになるのとは違うという言葉、納得です。
昔の服は日本製が多かったというのを記事にしたことがあります。
中国製の安い服を売っている店でアルバイトをしていた時に、「よれよれ」をたくさん経験しました。
ですが、20年前の服はなんともないのです。

今度コメントする時に石けんのことを書こうと思ってました。
pontaroさんも石けんをお使いなのですね~。
生活クラブ、検索してみました、なるほど、安いですねぇ。
石けんはやっぱり高いので、できるだけ安いのを、と思うのですが、つい手に入りやすいミヨシのそよ風を使ってしまいます。

やっぱり先に熱湯で溶かして使っているのですね。
私はそれに気付くまで、かなり時間がかかってしまいました。
「こんもりした泡が中央にできたら」というフレーズは、ちゃんと石けんを使っている人しかわからないフレーズです、わかってうれしい♪
10.02(Mon) // 投稿者(shiorin) // 編集 // Top

[225]似非せっけんユーザですが‥

shiorinさん、こんにちは♪
ku:nelは毎号買うわけではないのですが、
すごく心にせまる記事や写真があるときだけは別です。
あの方のむすめさんの後姿が
姪っ子たちの姿そのものなのです‥。
なじんでゆくこの服は、息子、姪っ子、甥っ子まで
3人はゆうに着倒せるものです。
少しのやぶれなら補修するくらいです。

ところで石鹸についてですが、
家作りで、「こうすればよかった」ところがひとつ。
洗濯機につながる水道を、
お湯もでるようにしてもらえばよかったということ。
キッチンで溶かして洗濯機へ運ぶために
キッチンと洗濯機は近くで!と思っていましたが
洗濯機に直接お湯がでれば、ベストですもの。

生活クラブの石鹸は安くて、品質はよいです。
ここの普通の石鹸3つで210円(たしか)は、
けちるわけでなくて、顔洗い用には一番好きです。
洗いあがりの感じがなんとも気持ちいいのです。
勇気がいるかもしれませんが
よかったら一度、試してみませんか?

といいつつ、今のお洗濯では
新聞屋さんにもらった合成、つかってますけど(自爆!)。
「こんもり中央の泡」はせっけん生活の合言葉。
また復活させなきゃなあ‥。
10.02(Mon) // 投稿者(pontaro) // 編集 // Top

トラックバックアドレス // トラックバック

スポンサーサイト のトラックバックアドレス
http://hayamanoouchi.blog67.fc2.com/tb.php/117-4063afe1
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

No. 117 (Sun)
dayline

Date 2006 ・ 10 ・ 01

息子のTシャツ

息子が生まれたときから
気に入って、着せていた服があります。

実家に帰ったときに
いつも寄るお店で出会える服。

Tシャツを2枚買えば
福沢諭吉が一枚ひらひらと財布から去ってゆきます。
だけど、えいっと思い切って購入していました。

あちこちで子供服を買わないので
ここで買う服は、彼の定番。

2歳になる前から着せていたTシャツが
一年生になってもいい感じになじんで
きていたものもあります。

買ったときに、特別大きいサイズを
買ったわけではありません。
子供に先へ先へと大きいサイズの服を
着せるのは好きではないのです。

「なじむ」のはよれよれになるのと違う、
ということをここの服で知りました。

そのメーカーのデザイナーさんが
独立して別のブランドを立ち上げたらしい、
と妹から聞きました。

妹も妹の旦那さんも、その子供たち3人も
姉も、義姉も、みんなその服の大ファンです。

ふと、今月号のku:nelをみると
もしかして!あの服のデザイナーさん?

昔社会の時間に教わった「家内製手工業」(でしたっけ)
ということばがそのまんまのアトリエでした。
こんな風に作られているんだ、とびっくりしました。

この服に魅せられるのも
作り手のこころが伝わってくるからなのだと思います。

今持っている息子のお気に入りのTシャツ2枚も
あのアトリエから生まれたものです。

ちなみに短パンは厚地の麻100%の生地のハンドメイド。
この夏のヘビーローテでした。


20060928192245.jpg

20060928192257.jpg

スポンサーサイト
お気に入りのモノ // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

投稿フォーム // コメント

コメント:


ナマエ:

ケンメイ:

ブログ:

パスワード:

ナイショ:

[非公開コメントにしたい場合はBOXにチェックをして下さい] 

[224]昨日…

昨日「クウネル」を立ち読みしたばかりです~!^^;
あの方…。
なるほど、たしかに子供服がそんなに持ちがいいというのは聞きません。
「なじむ」のはよれよれになるのとは違うという言葉、納得です。
昔の服は日本製が多かったというのを記事にしたことがあります。
中国製の安い服を売っている店でアルバイトをしていた時に、「よれよれ」をたくさん経験しました。
ですが、20年前の服はなんともないのです。

今度コメントする時に石けんのことを書こうと思ってました。
pontaroさんも石けんをお使いなのですね~。
生活クラブ、検索してみました、なるほど、安いですねぇ。
石けんはやっぱり高いので、できるだけ安いのを、と思うのですが、つい手に入りやすいミヨシのそよ風を使ってしまいます。

やっぱり先に熱湯で溶かして使っているのですね。
私はそれに気付くまで、かなり時間がかかってしまいました。
「こんもりした泡が中央にできたら」というフレーズは、ちゃんと石けんを使っている人しかわからないフレーズです、わかってうれしい♪
10.02(Mon) // 投稿者(shiorin) // 編集 // Top

[225]似非せっけんユーザですが‥

shiorinさん、こんにちは♪
ku:nelは毎号買うわけではないのですが、
すごく心にせまる記事や写真があるときだけは別です。
あの方のむすめさんの後姿が
姪っ子たちの姿そのものなのです‥。
なじんでゆくこの服は、息子、姪っ子、甥っ子まで
3人はゆうに着倒せるものです。
少しのやぶれなら補修するくらいです。

ところで石鹸についてですが、
家作りで、「こうすればよかった」ところがひとつ。
洗濯機につながる水道を、
お湯もでるようにしてもらえばよかったということ。
キッチンで溶かして洗濯機へ運ぶために
キッチンと洗濯機は近くで!と思っていましたが
洗濯機に直接お湯がでれば、ベストですもの。

生活クラブの石鹸は安くて、品質はよいです。
ここの普通の石鹸3つで210円(たしか)は、
けちるわけでなくて、顔洗い用には一番好きです。
洗いあがりの感じがなんとも気持ちいいのです。
勇気がいるかもしれませんが
よかったら一度、試してみませんか?

といいつつ、今のお洗濯では
新聞屋さんにもらった合成、つかってますけど(自爆!)。
「こんもり中央の泡」はせっけん生活の合言葉。
また復活させなきゃなあ‥。
10.02(Mon) // 投稿者(pontaro) // 編集 // Top

トラックバックアドレス // トラックバック

息子のTシャツ のトラックバックアドレス
http://hayamanoouchi.blog67.fc2.com/tb.php/117-4063afe1
 ⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。