No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

No. 301 (Tue)
dayline

Date 2007 ・ 05 ・ 22

トマト発見

tomato1.jpg

GWに植えたトマトの苗に
まだ黄色くて小さいトマトが生っているのを見つけました。

花が咲いていたのは知ってたけど、
こんなに早くトマトの形が見えるなんて驚きました。

このまま順調に大きくなって
おいしいトマトになりますように。

先日の記事の天草は、
本日3回目の「洗って干す」をやってます。
うまく干しあがったら、
つめたーく冷やした豆カンが食べたいなあ。

20070522102430.jpg

そして、こちらはジャガイモの花。
本当は芽が大きく育ってきたら、
本数を少し減らす作業をしなくちゃいけなかったのに、
しなかったものだから
ジャガイモが畑の半分をもっさもっさと占領しつつあります。

土の中で成長するものってうまくできるかどうかは、
掘り起こさないとわからないのが、
不安でもあり、楽しみでもあり。

じゃがいもは、素揚げにして食べるのが楽しみ。

結局、食べ物の話につながるのです(笑)

名称未設定_13 // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 294 (Fri)
dayline

Date 2007 ・ 05 ・ 11

にんにく初収穫

ninniku3.jpg

秋に植えたにんにくを初めて収穫してみました。

地上の葉が枯れてきたら収穫のタイミングということで、
畑に行くたびに葉の枯れ具合が気になっていました。
まだ早いかな、と思いつつ、
土の中がどうなっているか、
気になって仕方がありませんでした。

今日は葉がほとんど枯れてしまっているものを発見。
これは抜いてみなきゃ。
ninniku1.jpg

ninniku2.jpg

みると、八百屋さんで見かけるような
ぷっくりと膨らんでいるようではありません。

やっぱい早すぎたかな‥。

皮をむいていくとミニチュアのにんにくがでてきました。
鮮烈なあのにおいです。

どうやったら、大きなにんにくができるかは
まだまだ勉強しなきゃわかりませんが、
それでも、にんにくはにんにく。
家庭菜園でもできるものなのです。
しかも、ほぼ植えっぱなし(笑)

秋に植えてまだ収穫本番でないのだから、
にんにくは時間がかかる野菜なのです。
しかもひとつの苗?にひとつしかできません。
時間もかかって収穫の効率もよくないから
高くなってしまうのでしょうね。

自分で育ててみて、
野菜のお値段の仕組みも見えるようになりました。
名称未設定_13 // コメント(3) // トラックバック(0) // Top

No. 289 (Mon)
dayline

Date 2007 ・ 04 ・ 30

GWの畑仕事

GW前半は家の仕事をやっつけています。

家の周りの雑草とり、
畑の雑草とり、
そして夏野菜の植え付けなどなど‥

いくつか野菜を育ててきてわかったこと。
たくさん植えすぎてはいけない(笑)
小松菜も春菊もかき菜も
すごくたくさんできてしまって
後始末が大変だったのです。

できすぎて困ることもあるのです。

なすもトマトも2株ずつ植えました。
ミニトマトとシソは一株ずつ。

保存がきくじゃがいもはたくさん植えてあります。

tomato.jpg

トマトの苗は今はこんな感じ。
奥にみえる枯れてきてるみたいなのはにんにくです。
にんにくを買うとき、
やっぱり国産!と思って数百円を出すのに
日々の勇気を使っている私です。

自分の家でとれるにんにくは、どんなかなあ。
とっても楽しみです♪

そう、家のことといえば、
ようやく我が家にもシーリングファンがやってきました。
天井でくるくる回っているあのプロペラです。
取り付けは、これから旦那ががんばる予定。
うまくいきますように‥。
名称未設定_13 // コメント(3) // トラックバック(0) // Top

No. 156 (Wed)
dayline

Date 2006 ・ 11 ・ 15

畑のその後

家の裏の畑では順調に野菜が育っています。

先月種まきしたのは大根、小松菜、かぶ、ほうれん草、春菊、
にんにく(これは球根のようににんにくを植えました)
あとは実家からもらった長ネギを保存してある場所、
そして新しく仲間入りした「かき菜」これは珍しいらしい。

<かき菜>
20061115162427.jpg


かき菜は栃木の実家から義父が運んでくれて
植え替えました。
春先から食べられるそうです。
実家で食べた記憶では癖がなくてとってもおいしい。
おひたしでいただくのがいいようです。
収穫したあとの保存がむずかしいので
市場にはまだでまわっていないのだそうです。

<小松菜>
小松菜は場所によっては虫のために植えたようなもの。
残りを人間がいただく、という感じ。

20061115162419.jpg


<ほうれん草>
20061115162411.jpg


<春菊>
20061115162436.jpg


ほうれん草と春菊はほとんど虫くいがありません。
小松菜のほうが虫好みの味ということでしょうか。
春菊の味のくっきりした味は、本当にうれしい。

<長ネギ>
ネット友達のあざ美さんに教わったように
根っこから抜かないで切って収穫していたら、
また再生してきてます!すごい!
20061115162459.jpg


小松菜と春菊は油揚げで炒め煮に、
ほうれん草はお味噌汁に、と思って収穫しました。
20061115162403.jpg


葉モノはどんどん食べないと、追いつかなさそうです。

大根とかぶは少し見えている実の部分はまだまだです。
それとも、土があわなくて、小さくしか育たないのかも。
もう少し待ってみないとわかりません。

さてどうなるでしょうね。楽しみです。

名称未設定_13 // コメント(6) // トラックバック(0) // Top

No. 132 (Fri)
dayline

Date 2006 ・ 10 ・ 20

野菜の子どもたち

放ったらかしにしていた畑の様子です。
いまのところ、まったく手を入れていません。
この超粘土質の過酷な条件の下で
よくぞここまで育ってくれた、と心の中で拍手!!

20061020164835.jpg


すくすくと大きくなっています。
芽がでたくらいの大きさの時は
どこに何を植えたか、メモを見ないとわからなかったのが
いまは葉っぱを見ればどの野菜のこどもかわかります。

一番奥から‥大根

20061020164845.jpg


小松菜
20061020164905.jpg


かぶ
kabu.jpg


しゅんぎく
20061020164928.jpg


ほうれん草
20061020164853.jpg


にんにく
20061020164920.jpg


長ネギ
20061020164912.jpg


長ネギは栃木から送られてきたものを
土に植えて保存してあるものです。
ブログ仲間のあざ美さんのアドバイスで
根っこから抜かないで切って使っていたら
またもと通り、はえて生えてきています。

一番手前に写っている長ネギが
再生した長ネギ、なんだかすごく得した気分。

他の野菜はわかい芽がこのくらいの時に
優秀な芽を残して、他の芽を間引きます。

間引き菜と呼ばれる、この段階で抜く葉っぱは
やわらかくて、本当においしい。

最後まで育てると、きっと我が家では食べきらない量の
葉っぱもの野菜ができそうです。
ということは、今のうちにどんどん食べたほうがいいかも!?

まびいた葉っぱはお味噌汁の彩りに‥。

20061020164955.jpg

名称未設定_13 // コメント(2) // トラックバック(0) // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。