No.  (--)
dayline

Date -- ・ -- ・ --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 // コメント(-) // トラックバック(-) // Top

No. 358 (Thu)
dayline

Date 2007 ・ 08 ・ 02

ワッフルタオル

towel22.jpg


洗面所のタオル類に
だんだんといろんな種類が混ざってきて
おちつかなくなってきました。

新聞屋さんからのいただきもの、
温泉でもらってきたよくある名入りのもの、
なんでもあり、の状態です。

お掃除の次に洗濯が苦手なのです。
たたんでも統一感のあるタオルをつかえば
きっとお洗濯モノも、楽しんでできるはず。

以前にも同じようなのを作って使ってましたが、
全部雑巾に格下げされたのが原因。

ワッフルのコットンを
タオルの大きさに切ります。
長い辺は三つ折縫い。
短い辺には少しおめかしするために
ハギレで短い辺をくるんで、できあがり。

一度水に通すと
幅がぎゅっと縮みますが、
洗濯したあとに伸ばせば少しは戻ります。

この生地、軽くて吸水がよくて好きです。

この中のハギレで一番お気に入りは
息子のパジャマズボンに使った
ハリネズミ柄のガーゼ生地。

ハギレも大事に使ってきたけど
ハリネズミ君、
とうとうこんな大きさしかとれなくなってしまいました。
自分で作る // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 328 (Mon)
dayline

Date 2007 ・ 06 ・ 25

mayu.jpg

さて、6月はじめに息子が学校からもらってきた蚕5匹、
結局、私がせっせと桑の葉を調達してきては
えさを与えていました。
桑の葉がからっとしてきたら替え時です。

朝、仕事のある日は帰ってきてからの夕方と寝る前の
3回取り替えることが多かったです。

幸い私の行動範囲にはどこに向かっていっても
桑の木があるということもわかりました。
このあたりはかなりの山なのですね。

そして、先週の金曜日の夕方に
他の蚕とちがう動きをはじめた蚕の「カーちゃん」
どんどん糸を出して
自分が糸の網の中にはいって
繭になってしまいました。
形がゆがんでいるのは
まだやわらかい繭のときに
他の蚕が上にのってしまっていたため、
と思われます。

桑の葉だけをひたすら食べて、
こんな真っ白の繭に変身するなんて、
感動してしまいました。

ちなみに「かーちゃん」の他には
「いーちゃん」「こーちゃん」「(名なしちゃん)」
ここまでは見分けつかず(笑)
あと抜群に小さい「ちびちゃん」の計5匹。

桑の葉つみはまだ続きそうです。
自分で作る // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 324 (Wed)
dayline

Date 2007 ・ 06 ・ 20

今夜はぎょうざ♪

gyouza.jpg

得意料理は、ギョーザです。
そういえるようになったのは
あるレシピに出会ってから。

材料は
豚挽き肉、キャベツか白菜、ニラ

だれもがおいしい、といってくれる理由は
隠し味の「ねぎしょうが汁」が入るからだと思います。

長ネギ5~10㎝分をスライスしたものと
しょうが半かけのスライスしたものを
コップ一杯分くらいの水の中で
エキスをだすように、もみます。

ひき肉300gに対して、
この「ねぎしょうが汁」
つまりねぎとしょうがのエキスがはいった水を
大さじ3~5を投入。結構はいります。
お肉にエキスを吸わせるようにまぜます。

あとは塩こしょう、醤油、お砂糖少々とごま油などで
普通に味付けをして野菜をまぜるだけ。

皮をつつんで並べたのを眺めるのも
なかなか楽しいものです。

今夜は餃子、うれしいな♪

その前に、畑でひと仕事です(笑)
自分で作る // コメント(2) // トラックバック(0) // Top

No. 314 (Fri)
dayline

Date 2007 ・ 06 ・ 08

スリッパ+ボタン

surippa.jpg

botan.jpg

以前作った同じスリッパを職場に持っていってしまったため、
学校用にまた作りました。

今回は、益子で買った陶器のボタンをポイントにつけて
ちょっとだけグレードアップです。

よく使う貝ボタンなんかと違って
針が穴の中で滑らないのでちょっと変な感じ。

それにしてもキルティングは
裁断した端からどんどんほぐれていくので
出来上がったばかりなのになんだか、糸がほつれてる‥(泣)

今日はこれから授業参観です。
自分で作る // コメント(0) // トラックバック(0) // Top

No. 311 (Tue)
dayline

Date 2007 ・ 06 ・ 05

自家製寒天

kanntenn.jpg

海で拾ってきた「テングサ」を使って寒天を作りました。

30gのテングサを1.5Lの水にいれて沸かし、
お酢を大さじ1加えて約1時間煮ます。
とろりとしてきたら、2重にしたさらしで漉して、
冷やして、出来上がり。

とまあ、作り方はいたってシンプル。
だけど、漉す作業がかなり大変でした。

漉したテングサをもう一度1Lの水で同じように火にかけると
もう一度作ることができます。2番だしの要領ですね。

で、できた寒天は、というと‥。

色がずいぶん茶色くみえますが、
これ、実は酢を切らしていて、黒酢をいれたからだと思います(笑)
市販のものと比べて、歯ごたえがずいぶん違います。
食べなれたものは、口の中に入れると崩れていくようですが、
こちらは、弾力があります。
かまないところが崩れるあの感覚がありません。

息子用にはカルピス味の寒天を2番だしでつくりました。

テングサをとって、寒天を作る自分、
野菜を育てて、毎日のように長靴はいて畑をのぞく自分、
蚕のための桑の葉を捜している自分、
30代を生きるこんな自分がいるなんて
10年前の私がみたら、びっくりするだろうなあ。
自分で作る // コメント(0) // トラックバック(0) // Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。